【日光浴のススメ】太陽光を浴びて免疫も女子力もアップさせちゃおう!

太陽の光がなければこの世はまっ暗闇。植物も育たなくなって人類絶滅へ一直線…と大変なことになるのはわかっているのですが、正直それよりも、シミそばかすの原因になることの方が気になりますよね。

そんな女性の天敵ともいえる太陽光ですが、完全にシャットアウトしてしまうのは美容や健康に悪い影響を及ぼすことをご存知でしょうか?
美白ブームが続く中で、あまりクローズアップされてこなかった太陽光のメリットについてお話ししていきます。

太陽光で作られるビタミンDパワーがすごい!

太陽光はさまざまな波長の光で構成されています。よく知られているのが紫外線で、波長が短く強いパワーを持つ光です。日焼けの原因になるのがこの紫外線で、みなさんもなるべく浴びないように気をつけていますよね。

でも、紫外線を浴びることで体内ではあるビタミンが作られています。それがビタミンDです。皮膚にはビタミンDの元になる成分、プロビタミンDがあり、紫外線を浴びることでビタミンDに変化するのです。

ビタミンDは魚や卵、きのこ類などにたくさん含まれていますが、私たちの体にあるビタミンDは、食物と皮膚で作られるものが半分ずつといわれています。もし、日に当たらない生活をすると、皮膚で作られるビタミンDが不足してしまうことになるのです。

では、このビタミンDはいったいどんな働きをするのでしょうか?健康や美容にもたらしてくれる効果ってどんなものなのでしょう?

■免疫力をアップ

最近、インフルエンザ予防として注目されているのがビタミンDです。インフルエンザが流行するのは冬。冬は日照時間も少ないのでビタミンDが不足する季節だともいいます。

実際に、細胞内のビタミンDが抗菌物質を分泌して免疫力を高める研究結果や、体内のたくさんの組織にビタミンDの受取窓口(受容体)があり、免疫の調整をしていることがわかってきています。

■骨粗しょう症を予防

ビタミンDはカルシウムの吸収を高めたり、カルシウムが骨に沈着する働きを助けたりするので、骨粗しょう症の予防に効果があります。

■糖尿病を予防

ビタミンDは、血糖値を下げるインスリンの分泌を促進させるため、高血糖糖尿病予防にも効果が期待されています。

セロトニンの作用でいいこといっぱい!

■朝すっきり起きられる

朝起きてカーテンを開け、部屋が太陽の光で明るくなると、だんだん体が目覚めていきますよね。これは気分の問題かと思いきや、太陽の光によって分泌される脳内ホルモン「セロトニン」の影響なんです。

私たちの体は本来、暗くなると眠くなって明るくなると目が覚めるというリズムを持っています。サーカディアンリズムと呼ばれるもので、いわゆる体内時計のことです。このリズムは、脳内から分泌される2つのホルモンによって調節されていて、ひとつが太陽が沈んで暗くなると分泌される「メラトニン」、もうひとつが朝日が昇って明るくなると分泌される「セロトニン」です

セロトニンは太陽の光を浴びて出てくる物質なので、昼夜が逆転した生活やいつも暗い部屋で過ごしていると、不足して目覚めのリズムが乱れてしまいます。セロトニンがちゃんと分泌されないと、反対の作用を持つメラトニンが活性化してしまうので、「朝起きられない」「午前中は頭が働かない」なんてことにもなってしまいます。寝起きの悪さに悩んでいる人は、太陽の光を浴びていないのが原因なのかもしれませんよ。

■心の元気もサポート

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれていて、 副交感神経を活性化して心の不安や緊張を取り除き、リラックス状態へ導いてくれるホルモンです

反対に、不足するとうつやパニック障害などにもなりやすいといわれています。確かに、目覚めが悪く夜もあまり眠れずに、不安やイライラが続いていたら、心のパワーがすり減ってしまうのは想像できますよね。

■姿勢にも影響が!

どんなにきれいにお化粧して素敵な服を着ていても、姿勢が悪かったら魅力は半減してしまいますよね。実はこの姿勢の悪さもセロトニンが関係しているらしいのです

姿勢を維持しているのは「抗重力筋」という筋肉で、背筋や腹筋、首の筋肉などたくさんあります。重力に逆らって姿勢を保つ筋肉なので、これが弱まっていると猫背になってしまうのです。猫背は子どもの頃からよく注意された悪い姿勢の典型で、決して美しい姿ではありませんよね。

そこで登場するのがセロトニンです。セロトニンはこの抗重力筋に働きかけて、筋肉を緊張させます。つまり、体をしゃきっとまっすぐにしてくれるのです。

■ぱっちりおめめになれちゃう!?

実は抗重力筋は、顔にも存在します。
朝起きた時はまぶたは重く、顔の筋肉全体がだらんとしている感覚ってありませんか?寝ている間は筋肉も弛緩しているのでそうなってしまうのは仕方がないのですが、起きてからしっかり太陽の光を浴びれば、セロトニンが活性化して顔の筋肉をしゃきっとさせてくれるんですよ

重かったまぶたがすっきりしてぱっちりした目になり、口角もあがって笑顔も素敵に!顔の筋肉が衰えると表情もうまく作れなくなってしまうそうですから、セロトニンにはしっかり働いてもらいたいですよね。

太陽光の上手な浴び方は?

太陽の光を浴びることにたくさんのメリットがあるのはわかってきましたが、紫外線のもたらす悪影響はやはり気になりますよね。そこで、 シミそばかすにならずに太陽光のメリットをしっかり受ける上手な日光浴の方法に注目してみましょう。

<おすすめ日光浴方法>

  • 日の差し込む部屋でカーテン越しに
  • 洗濯物を干しながら
  • 通勤しながら
  • 木漏れ日差す公園のベンチで
  • 買い物をしながら

こんな風に「さあ、日光浴だ!」と身構えなくても、普段の暮らしのなかで十分日光浴はできるんです。時間は15分ほど、週に3~4日を目安にすればOK!
ただ、日焼け止めクリームを塗ってしまうと効果はなくなってしまうので、素肌で浴びましょう。

でも、やはり女性としては顔に紫外線は浴びたくないですよね。しかも素肌でなんて…。
そんな時は奥の手の「手のひら日光浴」です。手のひらはメラニン色素が少ないので日焼けしにくく、シミにもなりにくい場所。おまけに、メラニン色素はビタミンD生成の邪魔をするので、メラニン色素が少ない手のひらは、ビタミンDを効率的に作るのにもってこいの場所なんですよ。

ただ、日焼け止めクリームを顔や腕に塗って手のひらにつけたままだと効果がなくなってしまうので、しっかり手を洗うことだけは忘れないようにしてくださいね。

太陽を浴びてハッピーに暮らそう!

紫外線は百害あって一利なしかと思いきや、健康な心と体には必須なものなんですね。ビタミンDは、ビタミンの中で唯一体内で生成できるものなので、それだけ重要な働きをしているのかもしれません。
朝起きて活動して夜寝るという暮らしをしていれば、日光浴不足になることはあまりなさそうですが、日差しが減る冬や、夜勤のシフトがあるお仕事をしている方は少し意識して日光浴を取り入れてみてください。思わぬ恩恵を受けて、生活の質がグンと上がるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

白井はな

お米が大好きで、毎日お刺身定食が食べたいと願っている主婦ライターです。 言いたいことを柔らかく伝えられる大和言葉に癒され、文例集を愛読書としています。 「知識は身を助ける」をモットーに、念入りな情報収集も得意。 そんな毎日で得た知らないともったいないお役立ち情報を、みなさんのきれいと元気のためにお届けします。