いつも、大人しく、しおらしく?

こんにちは。春本番までほんと、あと少しですよね。

ぽかぽか日差しが待ち遠しいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、あの人は大人しい人だとか、あの女性はいつもと違ってしおらしいとか、よく聞くと思いますが、もともと「大人しい」というのは、成熟して思慮分別があって、落ち着いた人のことを言うそうなんですよ。

現代では、「大人しい」というとあまり自分を出さない、どちらかというと消極的なイメージでとらえられていますが、実は内面がしっかりしていて信頼できる大人という大和言葉だったんですね。

ちなみに大和言葉とは、日本に大陸文化が伝来する以前の、日本列島で話されていた言葉のことなんですけどね。

また、「しおらしい」というのは、これも大和言葉で、実は塩をどうしても手に入れたいという女性が言葉の由来だとか。

昔、塩がとても貴重だった時代、女性が、塩を持っている旅人や武士などから、何とか騙し取ろうとして迫りますが、それがなかなかうまくできず、うじうじするため、すぐに目的は塩らしいとばれ、そこから「しおらしい」という言葉が生まれたんだそうです。

今では、活発なふだんと違って控えめで大人しくすることを言いますが、もともとは、うちに秘めた女性のパワーがあったのですね。

時代とともに言葉も変化していくもの。

私と言えば今の意味でいう、大人しくも、しおらしくもないんですが、本当の意味での大人しい人でありたいなと、しおらしく思っていたりします(笑)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪