おなかの中の小さな番人

こんにちは。アイうエル商品部の小西です^^

突然ですがクイズです!

Q. 皆さまのおなかの中には、目にみえない小さな番人がたくさん住んでいて、その番人たちは、その人の健康や体型、体質、そして性格までも影響を与えています。

さて、その小さな番人とは何でしょう?

わからない方のために、ヒントを少々^^

■ その番人は、人の進化とともに生きてきたので、地域によってその番人の能力は違っています。

■ その番人は、人が食べたものを利用して生きていて、その人が生きるために必要な物質を、常に作り続けています。

■ その番人を大切にしてあげないと、人は不健康になったり、性格が攻撃的になったり、急に太ったり、シワが増えたり、体臭や口臭が発生したりします。

ここまで言えば、もうおわかりですよね?

でも、まだわからない方だけのために、最終スペシャルヒントです。

■ その番人は、主に腸の中に住み着いていて、さまざまな特徴を持ったものが全部で100兆以上いると言われていて、全部の重さを足すと1500g程度になるそうです。

 答えは >>> 腸内細菌と言われている微生物です

え?おなかの中に微生物がいるの?と驚かれる人はさすがにもう少なくなってきていると思います。

ところでこの微生物たちはどこからやってきたのでしょうか?

それは…

外の世界からです。

おなかの中に微生物を定住させること

人が生きるためにまず初めにしなければいけないことは、外敵から身を守ったり、食べたものを消化・吸収したり、その他いろんな生体機能を維持する力をつけるために、おなかの中に微生物を定住させることなんです。

生まれてすぐのおなかの中は無菌状態ですが、赤ちゃんが初めて微生物と出会う場所は、お母さんの産道です。

それからお母さんの母乳や唾液、肌、食べ物、土、空気など、いろんなところに住む微生物菌を口から入れようとします。

赤ちゃんがなんでも舐めるっていう行為。実は、生きるために必要な本能なんですよ。

汚いからと言って、その行為を止め続けると、将来にわたって、おなかの中の番人のバランスが崩れてしまって、本来必要な体の機能がうまく働かなくなると言われています。昔と比べて最近の子供に増えてきたアレルギーも、これらによって免疫機能が崩れてしまった結果なのかもしれませんね。

一説によると、3歳までで一生涯の腸内の微生物のバランスが決まってくると言われているので、子供の時にいかに微生物と触れさせるかということがポイントかもしれません。

たくましく生きるとは、たくましい微生物をおなかの中に定住させるということと言えそうですよね。

とは言え、不潔な環境にしすぎると感染症などの別の問題が心配なので、ここはひとつ、代々、言い伝えられてきた「3秒ルール」をもう一度復活させることも考えないといけませんね(笑)

とにかく、何事もバランスが大切ってことですよね。

おなかの中の微生物たちの役割

さて話は変わって、おなかの中の微生物たちの役割についてです。

先のクイズのヒントで少し触れましたが、最近の遺伝子解析技術の発達によって、いろんな役割がわかってきたんです。

今までは、食べた物を消化したり吸収したりすることや免疫の調整がそのほとんどだと思われていたのですが、実は、肌質や体型などの体質から、穏やか・攻撃的などの性格、そして理論的、感情的などの考え方までも、これらの番人の影響を受けているということがわかってきたようです。

おなかの調子が崩れたときに肌荒れがひどいとか、気分がすぐれずに怒りっぽくなってしまったとか、あの人はすごく食べているのになぜか太らないとか、更年期の友達は症状が出ずにうらやましいとか。

全てとは言えませんが、それもおなかの中に住む微生物たちによる個人差かもしれませんね。

おなかの番人たちのために自分でできること

先日テレビ番組で、病気に、元気な人の微生物を腸に移植したら、その病気がすぐに良くなったという特集をみました。ひとつひとつの体の悩みも、将来は、このようにして改善していく世の中になっていくのかなって想像してしまいました。

それまでは、おなかの番人たちのために自分でできることをやっていきましょうよ^^

例えば、お味噌汁やお漬物のような発酵食品とか、食物繊維たっぷりのお野菜などを積極的に食べるなど、おなかの中に住む微生物が喜ぶ食生活にすることは、自分でできることだと思うんです。

日頃は、あんまり意識しないおなかの中の微生物たち。

その子たちを常にいたわってあげる生活に変えた瞬間、あなた自身も、きっとその子たちからの贈り物を受け取ることになるでしょう。そして、その受けとった贈り物が、別の形となって、周りの人たちの幸せにつながっていく。

そういう人生って素敵だと思いませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪