以前よりシワが深くなったような…効果のある対応策はありませんか?

知らない間に深くなっていたおでこのシワ。あれっ、こんなに目立ってたっけ?

顔のシワには、おでこのしわ、眉間のしわ、目尻のしわ、目の下のしわ、口の周りのほうれい線など、色々な種類があります。特に額にシワが深く刻まれるようになると、見た目で年老けたように見えやすいんですよね。

このやっかいなシワ、一度出来てしまうと加齢や紫外線の影響により、さらに深くシワが刻まれてしまうので、早めのケアが大切です。

なぜ、年をとるとシワが目立ってくるのでしょうか

◎ 紫外線

顔にしわができる原因の80%は紫外線!? この紫外線、コラーゲンを切断し、同時にコラーゲンの間に張り巡らされているエラスチンを変性させるらしいのです。

◎ 光老化

光老化とは、紫外線を長年にわたって浴び続けることで、しみや深いしわ・たるみなどを引き起こすこと。長年にわたって紫外線を浴び続けると、真皮のコラーゲンが切断された状態のまま、顔のしみや深いしわとなって蓄積されて行きます。

◎ 肌の乾燥

角質層の表面が乾いて細かい亀裂ができると、そこから表皮の水分が蒸発しやすくなり、皮膚はさらに乾燥して薄く硬くなり、弾力が失われて小さなしわがたくさんできてきます。

◎ 顔の筋肉の衰え

顔には無数の表情筋という筋肉がありますが、この筋肉が衰えてくると顔全体が下がってきて「たるみ」に。また顔の筋肉が下がると同時に皮膚も下がってきて、ヒダになった部分がシワになります。

◎ 睡眠不足

表皮の基底層で生まれた肌の細胞は、28日間のサイクルでフケや垢となって剥がれ落ちて行きます。これを肌のターンオーバーというのですが、睡眠不足により成長ホルモンの分泌が妨げられると、ターンオーバーのバランスが崩れます。

いろいろとシワの原因はあるのですが、一般的に言われるシワは「真皮ジワ」というもので、コラーゲンに深く刻まれた真皮のシワです。

真皮にあるコラーゲン繊維が弾力を失うことで、今までは元に戻っていた表情ジワが、徐々に戻らなくなり深いシワが定着するのです。

また、40歳を過ぎるころからコラーゲンの量は徐々に減少していきます。40代以降、急に肌が変わるのもこれが理由のひとつ。しかも、エラスチン線維も切れて、バラバラになっていくため皮膚のハリや弾力が失われていき、真皮ジワができやすいのですね。

ちょっとした心がけで…シワ予防!

紫外線対策を!

そのためには、日頃から油断せず、日焼け止め効果のあるUVカットコスメや日傘を用いて紫外線対策を心がけること。

積極的に摂りましょう!

ビタミンCはコラーゲン生成だけでなく抗酸化作用・美白効果といった美容に重要な機能を持っています。

口を大きく開いて…!

あいうえお体操。

口を大きく開いて「あ・い・う・え・お」と唱えます。声は出しても出さなくてもかまいませんが、出したほうがストレス解消にもなりスッキリするかもしれません。

そんな自分がおかしくて大笑い。そう、笑いもシワ予防にも、心にもいいですからね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪