体の中の2つの酵素!

体には2つの酵素が存在します。ひとつが消化酵素

これは、食べたものを細かく分解して、体に吸収できる栄養素にするための酵素です。

もうひとつが、代謝酵素

これは、消化酵素の働きで体に吸収された栄養素が、体の中で活躍できるようにする酵素で、大きな役割のひとつとしては、“エネルギーをつくる”ことです。

さらに、たんぱく質、ホルモン、神経の健康、デトックス、抗酸化など、体のあらゆる働きのお手伝いをします。

ところで、ある研究によると「消化酵素 + 代謝酵素 = 一定」という不思議な関係があるそうです。食べ過ぎて消化酵素が多くなると代謝酵素は少なくなるとか。

体温が低い方は、代謝酵素の働きが弱くなっているかもしれませんね。

この2つの酵素の素になるお味噌汁やお漬物などの酵素食品を積極的に摂って、寒くなる冬に向けて準備をしてはいかがですか?

ぽかぽかぽかぽかぽっかぽか

■トウガラシ

食べると体がぽかぽかしてくる唐辛子。料理に使うと、ピリッと辛くて食欲が湧いてきますね。寒い冬には、あったかいピリ辛お鍋。想像するだけでも汗をかきそうです(笑)。唐辛子のピリ辛成分は、カプサイシンという物質です。種類によってはばらつきもありますが、唐辛子100gの中に、たった0.04~0.1g程度しか含まれていないとのことです。それでもあの辛みになるのですね。

唐辛子で、冬は“体ぽかぽか”、夏は“気持ちのいい汗”。

使い方次第で、年中お役にたてると思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪