夏は基礎代謝がいちばん低い季節!?

さて突然ですが、“夏は、いちばん基礎代謝が低くなる季節”ってこと、ご存じですか?

一見、汗をたくさんかいて気温が高いこの季節が、いちばん基礎代謝は高そうなのですが…。

実は、春の基礎代謝を100%としたら、夏が94.5%で、冬はなんと103.3%なんです。

その理由は、「冬は気温が低いから、体温を一定に保つために多くのエネルギーを使っちゃう」とのことです。基礎代謝は、年齢とともに落ちてきて、赤ちゃんのときを、100%とすると、60歳で35%くらいになるそうですよ。

また、基礎代謝が高い人は、体温もあがって、免疫力もあがります。ウォーキングなどの適度な有酸素運動や、ビタミンやミネラル、たんぱく質、糖質、食物繊維など、しっかりとバランスが摂れた食事などで、基礎代謝を元気にすることが健康の根っこだと思います。

働きものNo.1ミネラル!

【亜鉛】

亜鉛は、微量ミネラルのうち、鉄分についで2番目に多く体に存在するミネラルです。海のミルクとも言われる牡蠣や、レバーなどのお肉に多く含まれています。

亜鉛の働きは、一言では言い切れないほどたくさんありますが、特に、生命の維持に欠かせない体内の酵素をつくることには一役も二役もかっています。新しい細胞をつくり出すことにも、たくさん亜鉛が消費されています。

歳をとると基礎代謝が落ちるって本当?

体重1kgあたりの平均基礎代謝量(女性)をみると、1~2歳のときには59.7kcal、18~29歳のときで22.1kcal、50~69歳のときで20.7kcalです。

これに体重をかけると1日あたりの基礎代謝量になります。細胞分裂が活発な成長期と比べると、大人の基礎代謝量は、かなり落ちてくることがわかっています。

一般的に筋肉量が多い人や、呼吸が深いと、基礎代謝は活発化すると言われていますので、ふだんから無理のない程度の軽い運動を心掛けることも大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪