大便の臭いは食べるものによりますか? 腸内環境によりますか?

皆さんは毎日快便ですか?

ちょっと汚い話ですが、私は毎日自分のウンチを必ず見ています。色も形もよくて臭わないウンチが出たときって、とってもうれしいんですよね。健康状態を管理するためにも「排便」をチェックすることはとても大切なことです。

その中でも臭いはとても大切な指標になるんです。

なぜ便は臭くなるのでしょうか

◎ まず、原因としてあげられるのが悪玉菌

悪玉菌と呼ばれている大腸菌やウエルシュ菌というものが腸内で増殖してしまうことで、分解されたタンパク質や脂質が発酵して腐敗臭を引き起こします。

◎ 次に、早食いの人

食べ物をよく噛まずに飲み込んでしまう人は、本来行われるはずの口の中でのだ液による消化が不十分な状態で胃へ送られるため、それ以降の消化器官に負担がかかり、未消化の食物が大腸で腐敗を起こしてしまい、悪臭の素になりやすいと言われています。

◎ そして、ストレス

ストレスを抱え続けている方も便が臭う傾向にあるそうなんですね。胃の中にある消化酵素はストレスに影響されやすく、ストレスによって分泌量が低下することもあるらしいんです。また、ストレスが溜まると腸の蠕動運動も鈍くなるため、便の腐敗が進みやすく、臭いがきつくなるのだそうです。

◎ 食べ物では…

油っこいものや肉は悪玉菌の大好物なので、たくさん食べ過ぎると悪玉菌が増殖する原因となります。

肉食を控え、オリゴ糖や食物繊維の多い食事をとると、便の出がよくなり、腸内ではビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌が優勢になって、悪玉菌の増殖が妨げられます。

そして便やおならのニオイも軽減されるようになります。

腸の中の善玉菌の働きが健康的な便につながります

ちなみに、健康的な便というのは、バナナの形をした黄色っぽい便で、酸味を含んだような酸っぱいニオイ。つまり、つけもの臭のようなニオイが健康的といわれています。

健康的な便が排泄されるということは、腸の中で善玉菌がきちんと働いてくれている証拠。

その善玉菌を増やすには、乳酸菌が多く含まれているヨーグルトや味噌、ぬか漬けなどがいいそう。また、オリゴ糖やペクチン、グルコン酸なども善玉菌のエサとなり、善玉菌を優位にしてくれます。バナナ、りんご、はちみつ、ポン酢などに多く含まれているそうです。

また、納豆にも悪玉菌を抑制するジピコリン酸が含まれているんだそう。

ちょっと怖い話ですが、なんと! 便の腐敗がひどくなると毛穴からも沸き上がるように臭ってくるらしいんですよ。腸でできたメタンガスは血液に吸収され、肺まで行って排泄されるのだとか。そして呼気や毛穴からも臭いが…。

そうなる前に、臭いものに蓋をせず、じっくりウンチと向かい合ってみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪