女性のミドル脂臭が女性ホルモンに由来していると聞きましたが…

ミドル脂臭!? 聞いたことあるという方も多いと思いますが、主に30歳以上の男性が発する体臭のことです。でも最近では、女性の間でもある種の体臭を発する人が、増えていると言われています。

実は、ほとんどの人は自分の体臭を感じることがないので気づいていない人が多く、香水やボディクリームなどで誤魔化せない臭いなんですね。

でもなんでそんな臭いが発せられるのでしょうか

女性ホルモンには、本来臭いを抑える働きがありますが、更年期を境に減少していきます。また減少することで、活性酸素が増え、皮脂が酸化して加齢臭のもとになる「ノネナール」というものが発生します。

また同時に首の後ろから「ジアセチル」という臭いの原因物質が発生することで、女性にもミドル脂臭を感じる方が急増しているらしいのですね。

女性ホルモンは、だいたい40代ごろから減っていき、逆に更年期を境に、男性ホルモンが70~80代ごろまで増え続けるのだそう。だから男性は加齢臭は減っていくのに女性は年を重ねても加齢臭がするらしいんですよ。

また、更年期に特有のホットフラッシュというのも関係しています。

顔がほてって汗が噴き出す「ホットフラッシュ」。更年期で出る汗は、濃度が高くて蒸発しにくく、アンモニアなどのニオイ物質が多く含まれているので、汗そのものの臭いがします。

また、近年ではエアコンがある環境にいるため、暑さ・寒さを感じないことから汗腺が退化し、正しく汗がかけなくなっていることも、ニオイの原因になるのだそう。

ミドル脂臭を防ぐには?

退化した汗腺の機能を高めるにはまず入浴がいちばんです。

また、皮膚の酸化を抑える抗酸化作用のある食物を摂ることも大切。

  • 抗酸化作用のある食物

ビタミンC(イチゴ、ゆず)、ビタミンE(うなぎ、アーモンド)、カテキン(緑茶)、ポリフェノール(赤ワイン)、イソフラボン(豆乳)などが有効です。

さらに、肝機能を高めるために、オルニチンやクエン酸を含む食材をとるとニオイの軽減につながります。

  • オルニチンやクエン酸を含む食材

オルニチンはしじみ、クエン酸は梅干しやレモン、お酢などに多く含まれいてます。

お風呂とバランスのいい食事と同時に、疲れやストレスをためこまず、適度な睡眠、飲酒を心がけるようにするといいようですね。

昔、お母さんのにおいって石鹸のにおいだった記憶があります。でも今考えると、お母さんにも体臭はあったのでしょうね。ふとんのにおいとか、箪笥のにおいとか、ふっと思い出すとその当時の記憶が蘇ります。

ニオイって不思議ですよね。自分のにおい、あまり気にしすぎるとそれがストレスになって逆ににおいを強めることもあると思うんです。自然体でいればきっとにおいも変わってくるんだろうなと思いながら、その自然体がいちばん難しかったりして…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪