私の理想体重と適正体重に差があります。痩せすぎを求めすぎ?

何キロまでダイエットしたい。もう少し痩せたい。美しくなりたいという願望はとどまることがありませんよね。適正体重というのは、いろいろと計算方法があります。

《適正体重》の計算方法

適正体重 =(身長-100)×  0.9

私の若い頃はこの計算式で適正体重を割り出していたように思います。

体重(kg) ÷  身長(m) ÷  身長(m)

これは今主流のBMIといわれるもので、18.5から25が適正範囲です。

しかしBMIでは適正範囲でも、どちらかというと太っていると感じている方も多いと思います。

適正数値ではなくて、見た目とか、ボディラインのスッキリ度とかを基準に考えたいんだけど…

その目安となるのが、美容体重の計算式です。

《美容体重》の計算式

美容体重 = 身長(m)  ×  身長(m)×  係数(19.5~20.5)

この係数は、BMIの19.5~20.5の範囲の数値です。

これ以上になると、モデル体重やシンデレラ体重というそうで、BMIから見ても痩せすぎとなるので健康上に不安が出てきます。

それよりも気にしたいのが、体脂肪率

同じ体重でも、人によって筋肉量や脂肪の量はまちまちです。さらにBMIが適正範囲でも体脂肪率が高ければ肥満といえます。体脂肪率は市販の体脂肪計でチェックしてみてください。見た目はそうでもないのに、体脂肪率の高い人は、内臓脂肪が溜まっている場合があります。

まず内臓脂肪をすっきりさせて健康な身体をつくること

内臓脂肪は、運動すれば減って食べ過ぎたら増えるという、変動しやすい性質を持っています。逆に皮下脂肪は、いったん溜まってしまうとなかなか減らすことができません。

体重を少なくさえすれば、理想体型になれると考える人もいますが、理想体型になることと、体重を減らすことは、似ているようで違います。

食べるべき量を食べ、適度な運動をして、健康的なダイエットをするという方法が、近年では理想体型を得る方法として注目されています。

体にいいダイエットをして、理想的な体型になれるように取り組みましょう

自分が太ってると思っていても、人から見るとそうでもない。そんな自意識過剰の場合もよくありますよね。

理想の体重とは、健康的な体重。それがいちばんあなたが美しい体重なんだろうと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

Merrynaの編集部です。アイうエルのスタッフみんなで、読者の皆様のお役に立てるような記事や、アイうエルを知ってもらうための色んな記事を一生懸命書いています。 よろしくお願いします♪