腸内フローラの実力がすごい!おなかの花畑はきれいに咲かせなきゃ損ですよ

 

腸内フローラって?

私たちの腸にはたくさんの細菌が住みついています。細菌というと悪いものと思いがちですが、よく耳にする善玉菌も細菌の一種。ヨーグルトに入っているビフィズス菌乳酸菌もその仲間です。

そうした腸内細菌は1,000種類以上、数にして1,000兆個ほどもあるといわれています。天文学的数字に驚いてしまいますが、そのびっしりと存在する様子が花畑に例えられて、「腸内フローラ」と呼ばれています。フローラとは英語で「花畑」を意味します。

腸内フローラを作っている細菌の種類や数は人それぞれ。みんながひとりひとり違ったお花畑を腸内に持っています。どうして違いが生まれるのかというと、食習慣や生活習慣がひとりひとり違うから。ストレスや年齢でも腸内細菌は変化していきます。
よく「善玉菌を増やそう」というフレーズを聞きますよね。この言葉が表すように、腸内細菌はある程度コントロールすることも可能なわけです。

腸内細菌のきほんのコト

腸内フローラを作っている腸内細菌は、大きく3つに分かれます。みなさんがよく耳にする「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つです。

善玉菌は乳酸菌やビフィズス菌に代表されるもので、次のような働きをします。

  • 乳酸や酢酸を作って便秘や下痢を予防する
  • 免疫システムを刺激して免疫力を高める
  • ビタミンを作り出す

一方悪玉菌は、ウェルシュ菌、ブドウ球菌などで、タンパク質や脂肪を腐敗させて有害物質を作り出してしまいます。この有害物質は肌荒れやイライラ、不眠や頭痛などを起こすといわれていて、様々な病気の原因になるとも考えられています。

日和見菌は3つの中で一番数が多いのですが、その働きはまさに日和見的。数の多い優勢な方について同じ働きをするので、常に善玉菌を悪玉菌より多くしておくことが大切になります。
そして理想的な腸内フローラのバランスは、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7といわれています。

腸内フローラが整うといいこと3選

そんな腸内フローラは理想的なバランスにするとどんないいことがあるのでしょうか?それがわかれば「よし、腸内フローラを整えるぞ!」と気合も十分入りますよね。
ではさっそく、みなさんが一番気になるところのキレイや元気に関係する“いいこと”をご紹介しましょう。

1.美肌になれる

善玉菌の働きの一つに、腸内でビタミンを作り出すことがあります。種類はビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、ビオチン、パントテン酸、ビオチンの7種類。なかでも、ビタミンB2は皮膚の再生をサポートし、ビタミンB6はニキビなどの肌トラブルを予防し、ビタミンB12は肌細胞の分裂を促進してターンオーバーをスムーズにして美肌へと導いてくれます。

便秘になると肌の調子が悪くなるのは、腸内フローラのバランスが崩れて善玉菌の働きが鈍り、ビタミンがうまく作られなくなるのと関係がありそうですね。おなかの花畑がきれいに咲くと、体の外にも表れてくるようです。

2.肥満になりにくい

アメリカのワシントン大学の研究によってわかったのが、“腸内フローラが肥満に影響を与える”ということです。この実験に参加したのは、ひとりは痩せていて、もうひとりは肥満という双子。遺伝子や食生活が似ている双子を対象にすることで、腸内フローラ以外の影響をできるだけ排除するようにしました。

それぞれから採取した腸内細菌を無菌のマウスに移植して、エサの条件を同じにしてみたところ、肥満の人から移植されたマウスは、痩せた人から移植されたマウスより体重が増えたという結果になりました。つまり、腸内細菌によって食べたものの代謝が変化したということになります。

ところで、「デブ菌・ヤセ菌」という言葉をご存知でしょうか?衝撃的なネーミングで聞き覚えのある方も多いと思いますが、肥満の人は腸内細菌にデブ菌と呼ばれるファーミキューテス門の細菌が多く、反対に痩せた人に多いのは、ヤセ菌と呼ばれるバクテロイデス門の細菌です。ファーミキューテス門の細菌は、本来なら消化しにくい多糖類までも消化し、脂肪として蓄える能力があります。その結果太ってしまうことに。ダイエットしたい人にとっては、いらない能力だと思ってしまいますよね。

では、そんなデブ菌を減らすにはどうしたらいいのでしょうか。今のところデブ菌を狙って減らすことは難しいようですが、健康的な食事をすることで腸内フローラは変化するといいます。食物繊維が豊富で飽和脂肪酸の少ない食事をすると、たった1日で変化することもあるんだとか。腸内フローラをきれいに咲かせて、ボディラインも美しくしたいですね。

3.寿命にも影響が!?

腸内環境のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になると、体に有害な物質が発生します。怖いのは、これを元に発がん性物質が作られてしまう可能性があることです。

有害物質は直接腸に影響を与えるのはもちろんのこと、腸から吸収されて血液にのり、他の内臓にもがんや自己免疫疾患などを起こしてしまうそう。こうしたことを裏付けるように、長寿村として有名な場所に暮らす人々の腸内細菌を調べると、都会に暮らす高齢者よりもはるかに善玉菌が多く悪玉菌が少ないという調査結果が出ています。

従来、長寿の要素は病気のリスク遺伝子が少ないことと考えられていましたが、最近の研究ではリスク遺伝子の数に差がないこともわかってきました。つまり、長寿の秘訣は持って生まれた遺伝子よりも、食生活や生活習慣による腸内環境が大きく影響している可能性があるということ。生きることは食べる作業の繰り返しですから、なるほどと納得できる気がしませんか?

無視できない!腸内フローラの底力

見ることができない腸内は、ないものとして気にせず暮らしてしまいがちです。ですが腸内フローラが肌やスタイル、寿命にまで影響するならば、これは無視することはできませんよね。人の臓器の中で、腸は一番コントロールしやすいといいます。腸内フローラをきれいに咲かせて、輝く人生を歩みましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

白井はな

お米が大好きで、毎日お刺身定食が食べたいと願っている主婦ライターです。 言いたいことを柔らかく伝えられる大和言葉に癒され、文例集を愛読書としています。 「知識は身を助ける」をモットーに、念入りな情報収集も得意。 そんな毎日で得た知らないともったいないお役立ち情報を、みなさんのきれいと元気のためにお届けします。