IMG

これまでに
32,259人分の食品・お菓子を
子ども食堂・フードバンク・ひとり親家庭サポート団体にお届けしました。(2024.04.16現在)

子ども食堂・フードバンク・ひとり親家庭サポート団体へのお菓子や食品のお届けの様子を随時アップしています。
お買い物を通してご寄付いただきました支援金は子どもたちの笑顔と元気に繋がっています!!

2024/04/16

「きのかわこども食堂だいちにじいろ」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

和歌山県紀の川市の「きのかわこども食堂だいちにじいろ」に24名分の食品を提供しました。

きのかわこども食堂だいちにじいろは、「大地が育むみんなの笑顔」をテーマに食の質を重視した手作りのおやつと夕食、ホッとできる子どもたちのスペースで毎週土曜日に開催されています。
開催時には、おにぎりや手作りのおやつなどを配布するパントリーや、学習支援の活動をされています。
また、こども食堂の取り組みの一環として、米や野菜を自給し、お米を種蒔きから体験できます。
自然環境と社会生活の共存のための自然栽培、野菜や苺づくり、川や海での土遊び、森の探検、歌や音楽、ダンス、料理、家づくり等、多世代で協力し、生きる力を育む活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2/10と3/24のパントリー(こども15人、大人8人)で配布しました。
みんな喜んでいました。
ありがとうございました。

2024/04/16

「子ども勉強広場」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県福岡市南区の「子ども勉強広場」に48名分の食品を提供しました。

子ども勉強広場は2016年からはじまり、基本は第2・4金曜日の夜、春・夏・冬休み期間は平日の午前中からお昼中過ぎまでの時間に長住団地の集会所で開かれています。
地域の民生委員・自治会・ささえ隊などの有志ボランティアが協力して、自習・遊びの場・手作りの食事を提供して、子どもたちは好きなことをして自由にのびのびと過ごされています。

子どもたちの居場所づくりをはじめられたきっかけは、民生委員として活動する中で「孤食」をなんとかしたいという思いからであり、今も変わらず、子どもたちみんなにご飯をお腹いっぱいに食べてほしいという気持ちで取り組まれています。
活動を続ける中で、団地の子どもたちだけでなく、多くの長住地区に住む子どもたちも訪れるようになり、地域の子どもたちの大切な居場所となっています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2月16日開催ののメニューのデザートとして提供。
評判上々でお代わり続出でした。
とりわけ女の子の評判が高かったです。
なかなかフルーツを提供出来なかったので、非常にありがたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2024/04/16

「地域・こども食堂にっこりキッチン」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県取手市の「地域・こども食堂にっこりキッチン」に36名分の食品を提供しました。

地域・こども食堂にっこりキッチンは2023年3月にオープンし、毎月最終日曜日に開催されています。
子どもも大人も関係なく「みんなで食べる楽しさ」を実感してもらいたいという思いから、安心して集まれて息抜きできる居場所作りを目的に取り組まれています。
子ども食堂は誰でも利用でき、また、食堂の会食の他にも、季節のイベントやみんなで遊べるゲーム、フードパントリー、高齢者世帯への配食・宅食、地域のゴミ拾いなど、地域のため幅広く活動をされています。
オープンから1年の活動を経て、利用者だけでなく多くのボランティアの方々も参加してくださり、つながりを深められる地域の欠かせない居場所となっています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

近隣市町村から56名の方にご参加頂き、無事に12回目の開催を終えられました。
頂いたフルーツをプレゼントできた事で子供たちの笑顔がたくさん見れました。
ありがとうございました。

2024/04/16

「レストランセラヴィこども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県静岡市の「レストランセラヴィこども食堂」に36名分の食品を提供しました。

レストランセラヴィは、野菜にこだわったカジュアルなフランス料理を提供しているレストランであり、2019年2月から子ども食堂の活動をはじめられました。
月1回、最終週の火曜日に開催されています。

レストランセラヴィこども食堂では、フードロスやなにか1つ学べる事をお話をしながら、子どもたちに食事を楽しんでもらえるように取り組まれています。

また、食育の一環として、子どもたちの目の前でプロの技術を披露するイベントも開催しています。
食べられる部分があるのに捨てられてしまう野菜など、ひと手間かければおいしく食べられることを目の前で披露することにより、子どもたちが自分にできるフードロスへの取り組みなどを考えてもらえるようになればと想いからはじめられました。

子どもたちが「美味しく食べながら、楽しく学ぶ」ことをモットーに、精力的に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2/27開催のこども食堂で、先日頂いた冷凍フルーツをデザートで、フルーツポンチとして提供致しました。
こどもたちもとても喜んでいました!
ありがとうございます。

2024/04/16

「放課後カフェキッチンポノポノ」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県尼崎市の「放課後カフェキッチンポノポノ」に36名分の食品を提供しました。

放課後カフェキッチンポノポノは2015年2月にオープンし、2024年3月からは子ども食堂とテイクアウトを毎月2回ずつ毎週金曜日に開催されています。

「ポノポノ」とは、ハワイ語でho’oponoponoの「家族あるいは個人の癒しの方法」を指すといわれる言葉から名づけられました。

子ども食堂を運営する「ポノポノプレイス」は、尼崎市の青少年や親子が、生まれ、また住み慣れた地域で、当たり前に堂々と生活できる居場所として支援を行うこと、また地域住民お互いが支え合い、すべての人々が暮らしやすい街となるよう、地域住民の子育てに関する認識と理解を深めることを目的に活動されています。

子ども食堂をはじめ、様々な支援の提供を通じて、誰もが心地よく過ごせる居場所となるようにと懸命に活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

会食をスタートして2回目。
バイキング形式でおかわり自由で残さないをモットーです。

毎回デザートにくだものを提供しますが、今回はフローズンフルーツで大歓声が上がりました!
たくさんの種類で、悩んでいる子たちです。
兄弟で、分け合って選ぶというナイス案が浮上してます。
どのこどもも目をキラキラさせていました。
とても美味しい!と大喜びでした。
マンゴーが嫌いな子も、パクパク食べていました。
新鮮なフルーツをご提供くださいまして、本当に感謝しております。

このようは、機会をいただき美味しい自然の味を経験できたことは、こどもたちの宝となると思います。
ありがとうございました。

2024/04/09

「森の食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県船橋市の「森の食堂」に36名分の食品を提供しました。

森の食堂は、自然な空間を使い笑顔になれるコミュニティの場として提供している野外型食堂です。
2021年11月にオープンし、毎月第2日曜日に開催されています。

子ども食堂を通じて地域の人々が、イベントで「集う場」、料理で「学ぶ場」、大人と一緒に「育む場」の3つの場をつくり、子どもの健やかなる成長と地域の未来の発展に貢献することを目的に活動に取り組まれています。
森の食堂では、お子さんからお年寄りまでどなたでも参加でき、地域の多世代間のつながりも深められる交流の場ともなっています。
美味しさと笑顔を提供できるコミニティの場として、森の食堂は地域の方々にとって欠かせない場となっています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

色々なフルーツが入っておりましたので、小さくカットしてヨ-グルトの中に入れてお渡しさせて頂きました。

私たちの食堂では、まだまだ会食して行く方が少なく、9割の方がお持ち帰りです。
お弁当と一緒にお渡し出来て、子ども達も大喜びでした。
70個をカップに詰めて、子ども限定でお渡しすることが出来ました。
今回、初めてのご提供で、もう一品を提供出来た事に感謝申し上げます。

これからもどうぞご支援の程、宜しくお願いいたします。

2024/04/09

「清流ときわ子ども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府岸和田市の「清流ときわ子ども食堂」に36名分の食品を提供しました。

清流ときわ子ども食堂は、2022年4月からオープンし、毎月第2日曜日に開催されています。
会話をしながらみんなで食事を楽しみし、子どもたちの健やかな成長を見守る活動に取り組まれています。

2024/04/09

「いちご食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都大田区の「いちご食堂」に24名分の食品を提供しました。

いちご食堂は、みんなで温かいご飯を笑顔で食べて家族のようにつながれる居場所づくりを目指して、2018年3月に開設されました。
食堂名の"いちご"は一期一会に掛け合わせて名付けられました。

いちご食堂を運営するNPO法人一期JAMでは、家族や地域での交流を活発にし、コミュニケーションを増やし、深めていくことが社会的に喫緊の課題であると認識し、地域の課題発見・解決に向けて活動されています。

こども食堂の他にも、地元商店の味を紹介する事で地域活性化にも繋げたいと言う思いから、地元飲食店のお弁当を無料配布するイベントや、西アフリカの伝統的打楽器「ジャンベ」など各国の楽器やダンス・ヨガ、ものづくりなどのワークショップの主催、子どもの勉強のサポートやお昼の憩いの場となる寺子屋など、様々な取り組みをされています。

地域の方々が気軽につながりを深められる場所と時間を提供し、地域がより一層活性化するための活動に尽力されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2024年2月4日と18日にこども食堂を開催させていただき無事に終了いたしました。

こども達にご寄付頂いたフルーツを使ってフルーツヨーグルトを作って貰って皆で食べました。
食べるだけではなく作る体験もできて食育の観点からもいい経験になったのではないかと思います。

本当に子ども達の笑顔があふれる時間となりました。
この度のご支援心より感謝いたします。

2024/04/09

「黒石こども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

青森県黒石市の「黒石こども食堂」に36名分の食品を提供しました。

黒石こども食堂は2022年1月からはじまり、毎月最終日曜日に開催されています。
運営をしている黒石こども食堂実行委員会は、黒石市で生まれ育つ子どもたちの健やかな成長をお手伝いすることを目的に、子ども食堂や食材提供などを行い「もったいないをありがとうへ」の活動に取り組まれています。
子ども食堂だけでなく、季節のイベントや軽スポーツ、落語など、様々なふれあいや体験、学びの機会を得られる企画をされています。
地域や各家庭の余った資源を有効活用できるように橋渡しの役となり、子どもたちが安心して過ごせる居場所づくりやお互いが支え合う地域コミュニティの活性化に懸命に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

1/28(日)に地区センターにてこども食堂を開催しました。
午前中は軽スポーツで汗を流し、昼からは親子でクッキング。
みんなで昼食を食べて食後にいただいた冷凍フルーツにキウイ等混ぜてデザートにして美味しくいただきました。
普段はデザートがミカンだけだったりなので、子どもたちがとても喜んで笑顔の絶えない1日となりました。
最後にビンゴゲームで1等大喜び!
この度のご支援心より感謝いたします。

2024/04/09

「グリーンタイガーこども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「グリーンタイガーこども食堂」に36名分の食品を提供しました。

グリーンタイガーこども食堂は、毎月1回、最終日曜日に開催されています。
こども食堂を運営する一般社団法人GREEN TIGER(グリーンタイガー)では、「まだ使えるアイテムが日々どんどん廃棄されている現状」、「同時に生活困窮者層が多数存在してしまっている現状」、この2つの現状から、廃棄してしまうアイテムで少しでも多くの方への生活支援をしたいと思い、廃棄ロス削減を生活支援につなげる福祉活動をはじめました。
各家庭や企業から不用品を支援物資として寄付いただき、それらを生活困窮世帯(主に母子家庭、高齢者家庭)子ども食堂・福祉団体等に無償配布する活動をされています。
子ども食堂の開催時には、食事と一緒に日々全国より郵送寄付される支援物資を来場される支援先家庭に無償配布をされています。

少しでも心豊かな助け合いのできる社会の実現につながるよう、日々の活動に尽力されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ひとり親家庭支援を目的に、毎月東京都江東区でこども食堂を開催しています。
今回はめりぃな様よりフルーツをご提供いただきました。
来場されたお子様を中心に配布させていただきました。
素敵なご支援ありがとうございました。

2024/04/02

「せんなり村ふれあい食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県佐倉市の「せんなり村ふれあい食堂」に36名分の食品を提供しました。

せんなり村ふれあい食堂は、「NPO法人せんなり村」が運営する子ども食堂あり、毎月1回土曜日に開催されています。
ご飯をいただく際には、小さな子どもから地域のおじいちゃん、おばあちゃんまで、温かいご飯をみんなで囲んで賑やかに同じ釜の飯を召されています。
せんなり村では、訪れる全ての人が、人と人とのつながりが大切と感じられる地域の拠点を目指して活動されています。
子どもも大人もほっとする場所の提供を心掛け、 地域全体が元気になっていくことを願い、懸命に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

普段、フルーツの提供まではなかなかできないので子ども達はとても喜んでいました。
また初めて石垣島のフルーツを食べたということで非常に喜んでおりました。
ありがとうございました。

2024/04/02

「Kitchen 夢小屋」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

和歌山県和歌山市の「Kitchen 夢小屋」に36名分の食品を提供しました。

Kitchen 夢小屋は2021年4月に開設され、毎月3回開催されています。
集まる人たちにとって居心地のよい、地域のランドマークのような場所にしていきたいと願い、ひたむきに活動に取り組まれています。

今回は青森県南津軽郡田舎館村の「ケイエス青果」が黒にんにくをご提供してくださいました。
ケイエス青果は青森の津軽平野で50年以上、10代以上続く農家であり、にんにくとりんごを栽培されています。
ご提供いただいた黒にんにくは、独自の熟成方法によりにんにく特有の臭みも消えて、にんにくが苦手な方でも食べやすいのが特徴です。
青森県の寒い冬で糖度と栄養が増した黒にんにくを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/473

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

黒ニンニク、送ってくださりありがとうございました。
2月7日の子ども食堂開催の際、野菜チャレンジコーナーに並べさせていただきました。
臭みのないジューシーでフルーツみたいと好評でした。
子どもたちは、ニンニクと書いてあるのを見て、苦い辛い等のイメージと、はじめての食べ物に対する抵抗から食わず嫌いのような感じでした。
でも、好奇心旺盛な中学生男子やまだ先入観のない幼児は、美味しいと食べていました。
大人は、最近の風評から黒ニンニクに興味を持っていたそうです。
とっても食べやすく毎日でも食べられそう、と。
ただ高価なので度々の購入は難しいかな、とのことでした。
貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

提供生産者コメント  
icon

ケイエス青果
(浅見英幸さん)

ジューシーでフルーツみたいとお褒めの言葉を頂戴し恐縮です!
青果物のにんにくより栄養価が高いと言われている黒にんにくが皆さまの笑顔につながれば嬉しい限りです!

2024/04/02

「公園見守り子ども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県水戸市の「公園見守り子ども食堂」に36名分の食品を提供しました。

公園見守り子ども食堂を運営する「NPO法人Happyリレーいろいろ」は、茨城県公園サポーター認定団体として、毎日、水戸市にある千波公園の見守りと清掃活動しながら子ども食堂を開催されています。
子ども食堂の他にも、カルチャースクールやレンタルスペースなど、地域に密着した活動を行されています。
数多くのボランティア活動を通し、地域社会の発展を目指して懸命に活動されています。

今回は青森県南津軽郡田舎館村の「ケイエス青果」が黒にんにくをご提供してくださいました。
ケイエス青果は青森の津軽平野で50年以上、10代以上続く農家であり、にんにくとりんごを栽培されています。
ご提供いただいた黒にんにくは、独自の熟成方法によりにんにく特有の臭みも消えて、にんにくが苦手な方でも食べやすいのが特徴です。
青森県の寒い冬で糖度と栄養が増した黒にんにくを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/473

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

はじめて食べる青森の黒にんにく。
よくテレビのコマーシャルで体に良い黒にんにくとあり、どんな味なのか試食会をして、「あらっ、ちょっぴり酸っぱいのね。」と驚きました。
そして、みなさまで、バルサミコ酢のようなレシピを考えました。
それが、白菜ソテー・黒にんにくソース。
白菜の甘みと黒にんにくの酸っぱい味がマッチングしてまるごと調理、ばくばくおかわり。
最高でした。
ご寄附に感謝のきもちです。
まごころから、ありがとうございました。
また、作りたいので、お取り寄せサイトから購入させていただきます。

提供生産者コメント  
icon

ケイエス青果
(浅見英幸さん)

お褒めの言葉を頂戴し恐縮です!
青果物のにんにくより栄養価が高いと言われている黒にんにくが、皆さまの笑顔につながれば嬉しい限りです!

2024/04/02

「ハッピーお茶家ころころ食堂」に33名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都練馬区の「ハッピーお茶家ころころ食堂」に33名分の食品を提供しました。

ハッピーお茶家ころころ食堂は2021年7月からオープンし、毎月2回、第2・4火曜日に開催されています。
子ども食堂の他にも、誰でも利用できるカフェや居場所、様々なワークショップの開催などがあり、地域の方々が楽しめる場を提供されています。
ハッピーお茶家ころころ食堂を運営する「NPO法人ハッピーひろば」は、同区内にあるもう1つの拠点「ハッピーひろば」においても、気軽に立ち寄れて楽しく過ごせる活動をされています。
地域の誰もが「ハッピーお茶家ころころ」や「ハッピーひろば」を通じて交流を深め、共に支え合いながら楽しく暮らせる地域になっていくことを目指して、ひたむきに取り組まれています。

今回は福岡県行橋市の「CISCO BAKERY」がパンの詰め合わせをご提供してくださいました。
ご自身も子育てに励んでいる店主が「子どもに食べてほしいパン」をコンセプトにして作られています。
無添加かつ乳脂肪と油脂を極力抑えた体にやさしいパンを、ぜひみんなもご賞味ください。

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/2035

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

当日、予定より来場者が少なかったです。
食パンをセルフサンドイッチにして食べてもらったそうです。
パーティーみたいで楽しいと喜んでいたそうです。
また、普段こんなにたくさん食べないのに今回は、ずいぶん食べたという話を担当から聞きました。
ありがとうございました。

提供生産者コメント  
icon

CISCO BAKERY
(中園一美さん)

地域のために当社のパンがお役に立ててうれしい限りです。

2024/04/02

「みんなの食堂・風車」に33名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県佐倉市の「みんなの食堂・風車」に33名分の食品を提供しました。

みんなの食堂・風車は、毎月2回、第1・3土曜日に開催されています。
みんなの食堂・風車を運営している「NPO法人ワーカーズコレクティブ風車」では、リユース食器のレンタル事業や仕事付き居場所事業に取り組まれています。
取り組む事業を通じて、病気や障がいを含めてその人のありのままが尊重され、多様な生き方が認められる社会になるよう発信し、また地域に必要とされる居場所作りを目指して活動されています。
各々が尊重され、また、必要とされる居場所ができるためには、地域の人と人とのつながりが重要と考え、2021年6月からみんなの食堂・風車を開始されました。
いろいろな人と交流しながら楽しい場所になることを願い、精力的に取り組まれています。

今回は福岡県行橋市の「CISCO BAKERY」がパンの詰め合わせをご提供してくださいました。
ご自身も子育てに励んでいる店主が「子どもに食べてほしいパン」をコンセプトにして作られています。
無添加かつ乳脂肪と油脂を極力抑えた体にやさしいパンを、ぜひみんなもご賞味ください。

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/2035

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

新型コロナの流行以降、お持ち帰りが増えていましたが、新型コロナが5類感染症になったので徐々に会食をしてもらって、地域交流を図っています。
その場で食べていただける人には汁物をつけるようにしています。
ボランティアの方も増えてきて、今回は前日準備、当日のお手伝いで合計7名になりました。
不登校の小学生のお子さんとそのお母さんも初めて手伝いにきてくれたので、今後も居場所と思ってくれたら嬉しいなと思います。
いただいたパンは解凍しておいて、利用してくれたお子さんに渡しました。
量産のパンとは違う手作りの味で大変喜んでいただけました。

提供生産者コメント  
icon

CISCO BAKERY
(中園一美さん)

地域のために当社のパンがお役に立ててうれしい限りです。

2024/03/26

「なかよし食堂 mogu-mogu」に33名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県常陸太田市の「なかよし食堂 mogu-mogu」に33名分の食品を提供しました。

なかよし食堂 mogu-moguは、2018年7月からはじまり、毎月2回、第2・4水曜日に開催されています。
2020年からは年に4回、生活困窮者・ひとり親家庭を対象に、食料の無料配布支援にも取り組まれています。

なかよし食堂 mogu-moguでは、さまざな不安を抱えた地域の誰もが安心して集える居場所づくりをされています。
子どもたちや高齢者の方へ温かく栄養価の高い食事を提供し、多世代交流を通じて、日々の生活を精一杯頑張る中で張り詰めてしまった心をほぐせる場所でありたいと願い、熱心に活動をされています。

今回は福岡県行橋市の「CISCO BAKERY」がパンの詰め合わせをご提供してくださいました。
ご自身も子育てに励んでいる店主が「子どもに食べてほしいパン」をコンセプトにして作られています。
無添加かつ乳脂肪と油脂を極力抑えた体にやさしいパンを、ぜひみんなもご賞味ください。

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/2035

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ご支援いただいたパンの詰め合わせを使った回では、子ども15名、大人16名の31名が参加しました。
主食にパンが出たのは初めてだったので、好きなパンを選んでみんな嬉しそうでした!
誘い合って、お友達同士で来てくれたり、高齢者も参加してくださっていて、みんなの居場所になっています。

提供生産者コメント  
icon

CISCO BAKERY
(中園一美さん)

地域のために当社のパンがお役に立ててうれしい限りです。

2024/03/26

「認定NPO法人スポーツアカデミー子ども食堂」に40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県旭市の「認定NPO法人スポーツアカデミー子ども食堂」に40名分の食品を提供しました。

認定NPO法人スポーツアカデミー子ども食堂は、「スポーツの学び合いを通じて人と人とをつなげたい!」という願いから誕生しました、認定NPO法人スポーツアカデミーのコミュニティ事業として、毎月2回、第2・4の木曜日に開催されています。

認定NPO法人スポーツアカデミーは総合型地域スポーツクラブとして、地域の小・中学生を対象としたスポーツ活動や学習支援を実施し、地域の大学生や専門学生が子どもたちへの指導をされています。

スポーツアカデミーの活動を通じて様々なご家庭と関わる中で、十分な栄養を摂ることが難しい状況である子や、寂しい思いをしながら食事の時間を過ごしている子どもたちへの支援の必要性を痛感し、2020年のコロナ禍において、子どもたちの居場所づくりを目的として「子ども食堂」「学習支援」事業を開始されました。
スポーツを軸として食事や学習など多様な支援をし、地域の子どもたちが心身ともに成長をサポートする活動に取り組まれています。

今回は、神奈川県鎌倉市小町の生産者「Giraffa」さんが、カレーパンをご提供してくださいました。
スパイスをふんだんに使用した濃厚なカレーとチーズの組み合わせがやみつきになる、カレーパン専門店のカレーパンをぜひみなさんもご賞味ください!

ご紹介はコチラ
https://merryna.jp/producer/1575

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

子どもたちは大好きなカレーパンを前に目を輝かせていました。
食べている最中、「すごくおいしい!」「もう一つ食べたい」「お母さんとお店に行きたい」と話していました。
人気のカレーパンをいただき、ありがとうございましたm(__)m

提供生産者コメント  
icon

Giraffa
(井手宏征さん)

今回は子ども食堂へ当店のカレーパンを届けていただきありがとうございます。
子どもたちを笑顔する素敵な取り組みですね!

2024/03/26

「チア食堂すた〜でぃあむ☆」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「チア食堂すた〜でぃあむ☆」に36名分の食品を提供しました。

チア食堂すた〜でぃあむ☆は、毎週木曜日に開催されており、3才から中学生までを対象とした、子ども向けのキッズチアダンススクールが運営をしています。

ご利用の際には、「来店食事」「弁当引取」または「弁当配達」を選択することができます。
「来店食堂」では、STARDIUMキッズチアダンスの練習を鑑賞しながらご飯をたべることができ、子どもたちは美味しいごはんと一緒に元気づいています。

地域の子どもたちが「学ぶ」「遊ぶ」「運動する」「食べる」そしていつでも「寄れる」場所として、地元門前仲町で機能することを目指して、日々熱心に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はフローズンフルーツをこども食堂にご提供頂きありがとうございました。
大変人気が高く、我々が食事を用意している間にすぐに無くなってしまったのが印象的でした。
様々なフルーツがありこどもたちはとても楽しんでいたと思います。
また何かあればよろしくお願い申し上げます。

2024/03/26

「A岩崎家子ども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府寝屋川市の「A岩崎家子ども食堂」に36名分の食品を提供しました。

A岩崎家子ども食堂は、「岩崎家」という創作料理を提供している居酒屋です。
毎月第3日曜日の11時~13時のお昼の時間帯に開催されています。

開催時には、店内会食とお弁当を合わせて60名ほどがご利用されており、美味しいお弁当にいつも子どもたちが喜ばれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

いつもお世話になりありがとうございます。
先日は子供達にフローズンフルーツをいただきありがとうございました。
みんなで楽しく頂きました、食後に好きなフルーツを選び🥭🍍🍌このバナナアイスになってルーって喜んでいました、
パイナップルが一番人気でした、これからもよろしくお願い致します。
ありがとうございました。^_^

2024/03/26

「NPO法人WAIKI」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府大阪市東淀川区の「NPO法人WAIKI」に48名分の食品を提供しました。

NPO法人WAIKIでは、大阪府吹田市内で、「わいわいワイキこども食堂(第3火曜日)」と「はろはろワイキこども食堂(第3水曜日)」を開催されています。

法人名のWAIKI(和生)には、「人の和(輪)を大切に、生き生きと暮らす人を応援する」という意味があり、元気な高齢者の社会参加活動を応援し、長く街で過ごすことが出来るような仕組みを整えることを目的として活動をされています。

元気なシニアの方々の社会参加を促進するため、地域貢献としてのこども食堂とヤングケアラー支援の事業を運営されています。

子どもたちだけでなく、高齢者や障がい者など地域の様々な方々がつながりを深められるコミュニティとして、「ワイキこども食堂」が地域活性化に貢献できるようにとひたむきに活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

当日はミキサーにかけてフローズンジュース+スティックパインを手で割って一口サイズにし、1人3個ほどを紙コップに分けスプーンを添えて提供しました。

受け取った子供たちからは「こんなに美味しい果物はどんなところでできるのか?」「石垣島はどんなところか?」が気になったようで、生産者さんと交流ができたら面白いなとも思いました。
パッケージのデザインも気に入ったようです。また食べたいと意見が出ていました。

この度はありがとうございました。

2024/03/19

「たんぽぽ食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府豊中市の「たんぽぽ食堂」に24名分の食品を提供しました。

たんぽぽ食堂は2023年5月からはじまり、毎月第1土曜日に開催されています。
たんぽぽ食堂を運営する「北条たんぽぽの会」では、こども食堂のほか、子ども服のリユースやフードパントリー、学習支援の活動にも取り組まれています。
地域の子どもたちの成長と子育てを担う親たちを応援するサポーターとして精力的に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

食堂開催日の午前中に届きました。
この日の食堂はクリスマス会と思っていたのですが、冷凍庫に入れていたアイスクリームが溶けてしまうと言うハプニングに見舞われていました。

デザートが…ってなっていたところに、めりぃな様からのフルーツが届き、子どもたちはすぐに「これがいいー! これ半分ずつしよー!」など声を掛け合って食べていました。
ありがとうございました。

2024/03/19

「嵐山子ども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

京都府京都市右京区の「嵐山子ども食堂」に60名分の食品を提供しました。

嵐山子ども食堂は、京都府で1番最初に始まったこども食堂であり、毎月第3日曜日に開催されています。
会食での料理やお弁当の配布と合わせて、フードパントリーやフードドライブの活動も実施しています。
お弁当は毎食280食分も準備されており、学生たちが料理や配膳、洗い物にこどもたちの遊び相手など、積極的にサポートしてくれています。
毎回子どもたちから地域のご家族、ご年配の方まで、みんなで楽しく賑やかにお食事をされています。

嵐山子ども食堂は、老若男女問わず地域の多くの方々に親しまれており、地域の「誰もが幸せに住み続けられるまちづくり」に大きく寄与している大切な居場所となっています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

当日は高校生や大学生達が、お弁当の盛り付けを担当してくれて、カットフルーツを彩り良く盛り付けてくれました。

鮮やかなマンゴーやパインアップルに「これは何のフルーツ?」と声を掛け合ったり、賑やかにワイワイとお弁当作りをしてくれ、配った際も子供達から「美味しそう」「これは何?」と質問されて答えていました。

子供達も凄く喜んでくれたので、お弁当の作り甲斐がありました。

本当にありがとうございました。

2024/03/19

「夕焼けこども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府岸和田市の「夕焼けこども食堂」に36名分の食品を提供しました。

夕焼けこども食堂は、地域の大人を主体としたコニュニティ福祉食堂と子ども食堂が一体化したお家型の食堂であり、「ひつじのいえ」という施設の1つの取り組みです。
2017年11月からオープンしました。
ひつじのいえは、「地域のこどもが集まれる居場所を開きたい。また孤立がちなママやパパ、地域の方がひとりじゃないと思える居場所にしたい。」という想いから民家を手作りで改築して開設されました。
夕焼けこども食堂の他にも、無料自己学習室や不登校の居場所、食品配布など様々な活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

クリスマスビンゴ&夕焼けこども食堂を12月22日に開催いたしました。
フルーツデザート付きだったので、子どもたちは嬉しそうでした。
子ども達とフルーツをおいしくいただきました。
ありがとうございました。

2024/03/19

「子ども食堂WAWAWA」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府泉北郡忠岡町の「子ども食堂WAWAWA」に60名分の食品を提供しました。

子ども食堂WAWAWAは、毎月1回、第4水曜日に開催されており、忠岡町は日本一面積の小さい町でありながら、約50人ほどの子どもたちに食事を提供されています。
食堂名"WAWAWA"とは、人の輪、平和の和、笑うの笑という意味があり、子どもたちの笑顔あふれる居場所作りを通じて、人と人との繋がりを大切にし、輪を広げたいという思いから2021年12月に開設されました。

食事の提供の他にも、縁日やスポーツ、子どもたちが宿題に取り組みやすい環境づくり、お洋服のゆずり合い会など、子どもたちが様々な経験ができ、また、子育てを担う大人たちを支える活動に熱心に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こどもクッキングはずっと前から開催したかった行事の1つだったので、今回冬休み前にカットフルーツの支援を頂けて、クッキングが開催出来たこと、本当にありがたく思っております。
クッキングに参加してくれた子ども達や、その親御様からもたくさんのお礼と楽しかった!という声が聞けました。
これを機に、また定期的にクッキングをしていけたらと思います。
本当にありがとうございました。

2024/03/19

「上山口東自治会子ども食堂みんなあつまれ」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県西宮市の「上山口東自治会子ども食堂みんなあつまれ」に12名分の食品を提供しました。

子ども食堂「みんなあつまれ」は、子どもたちがみんなで安全に過ごせる居場所を作りたいという、地域の自治会の方々の思いから2018年3月に開設されました。

「みんなあつまれ」は毎週水曜日に開催されており、学校から直接子どもたちが会場である自治会館に集まります。
自治会館に着いたら、まずは宿題を取り組み、その後は毎週交代制のリーダーが当日の遊びや過ごし方をみんなと相談して決めています。
そして、最後にみんなで夕食を食べて、「さようなら」の挨拶をして閉館になります。

「みんなあつまれ」では、子どもたちがのびのびと楽しく過ごしながらも、子どもたちの自主性と協調性も育む活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

12月13日に【フローズンフルーツ】を頂きました。
早速子どもたちと一緒に開梱し、美味しく頂きました。
ありがとうございました。
子どもたちの中にはマンゴを食べたことのない子どももいて、「こんな美味しいもの食べたことがない」などと喜んでいました。

私は40数年前に転勤で沖縄に5年居ました。
石垣には年5~6回訪問していました。
夏などは夜の8時30分頃まで明るく、夜が遅い印象が残っています。
また、西表島や黒島などに渡って楽しい思い出がたくさん心に残っています。
海の透明さと島の人々の人懐っこさが忘れられません。

今回のご恵送は、子どもたちにとってとても良かったと喜んでいます。
本当にありがとうございました。
私どもの子ども食堂は開設より5年9ヶ月が経ちます。
毎週水曜日の15時~20時の開催で、宿題や遊びを取り入れた居場所的な食堂として開催しています。
今後もご指導の程よろしくお願い申し上げます。

2024/03/12

「深川姉御家『健康&食育』こども食堂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「深川姉御家『健康&食育』こども食堂」に12名分の食品を提供しました。

深川姉御家『健康&食育』こども食堂は2023年1月からはじまり、月に1回バイキング方式の会食が開催されています。
こども食堂の他にも、フードパントリーやお弁当の提供などの取り組みもされています。

こども食堂が開催されている深川姉御家は、郷土料理である「ぶっかけ深川めし」をはじめ、門前仲町で20年以上商い続けている酒肴小料理店です。
こども食堂の開催をはじめた4代目女将は、ご自身も子ども時代にひとり親や孤食を経験されており、小さい頃に色々助けてくださった門前仲町の方々に恩返しをしたいという想いからこども食堂をはじめられました。

こども食堂で提供される料理は調理師免許など様々な資格を持つ女将が、フードロスの食材で栄養バランスの整った献立を考え、健康な料理にリメイクして提供されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

沖縄石垣島の高級フルーツの冷凍ものよーとお伝えしたらテンションあがってました。
個数が12個であり、ひとりひとつしか渡せなかったのでこれだけかーと寂しそうに言われてしまいましたがお送りいただきありがとうございます。
パイナップルが人気でした。

2024/03/12

「ざ☆ぎんざ食堂」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府堺市堺区の「ざ☆ぎんざ食堂」に20名分の食品を提供しました。

ざ☆ぎんざ食堂は、毎月1回、第1木曜日の朝7時から開催されています。
子どもたちはみんなで朝ごはんを食べたあと、学校に登校されています。

ゴールデンウイークや夏休み中など、学校がない連休や長期休暇の際には、ご飯の後に学習支援や多様な体験ができるイベントが企画されています。
これまでに地域の和菓子屋店主がレクチャーする和菓子作り体験や、大阪ボッチャ協会と協同のボッチャ体験などが実施されてきました。

ざ☆ぎんざ食堂では、みんなで朝ごはん食べると共に、子どもと大人がコミュニケーションを取りながら楽しいひと時を過ごせる活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、フローズンフルーツをありがとうございます。
添加物をなるべく使用しない食事を心がけていますので、無農薬のフルーツはよても嬉しかったです。
子供達は、色の違うパイナップルを見て、「色が違うのはなんで?」など質問があり、裏の表示で説明しました。
デザートとして食べました。
おいしいと大好評でした。
ありがとうございます♪

2024/03/12

「食育カフェEDEN」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「食育カフェEDEN」に48名分の食品を提供しました。

食育カフェEDENでは、2019年8月から月に1回の親子で楽しく過ごす食育カフェと、ひとり親家庭に対する食料の配布の活動をしています。
食育カフェでは毎回50人ほどが参加されており、流しそうめんをしたり、子どもたちと一緒にオリジナルのピザを作ったりなどして楽しく過ごされているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

12月25日開催のこども食堂にて、デザートとしてフローズンフルーツを利用させていただきました。
解凍して、他のフルーツと合わせてフルーツポンチにして提供しました。
美味しい!と、おかわりを希望する子が続出しました。
フルーツをたくさん食べることができて、こどもたちはとても嬉しそうでした。
この度は貴重な機会をありがとうございました。

2024/03/12

「すずね食堂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「すずね食堂」に12名分の食品を提供しました。

すずね食堂は2023年9月からオープンし、月に1回開催されています。
毎回10人前後の地域の親子が参加されています。
参加してくれたご家族が、次の会にはお友達と一緒参加してくださり、会を増すごとに賑やかになっているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

先月参加くださった親子、今回初めて参加の親子、スタッフのお孫さんが参加くださり、にぎやかな開催日になりました。

寄贈していただいたフローズンフルーツは、フルーツポンチにして提供いたしました。
素敵なデザートが出来きて、私たちスタッフも大変満足しております。
こどもたちや保護者の方も「美味しい」と喜んでくださいました。
ワクワクする美味しいフルーツの提供、本当にありがとうございました。
こどもたちの走り回る様子や、親御さん同士が仲良く会話している様子が次に繋がる素敵な開催になりました。

2024/03/12

「ヤッピーBuono」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府堺市北区の「ヤッピーBuono」に12名分の食品を提供しました。

ヤッピーBuonoは2022年4月からはじまり、「いっしょに食べよ♪たのしく食べよ♪」をコンセプトに毎月第3木曜日に開催されています。

ヤッピーBuonoが開催される「カフェSATO」は、世界遺産である百舌鳥古墳群の近くにある喫茶店であり、日本最大の前方後円墳である大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)もすぐそばにあります。

会食の前には、ご近所の整骨院のスタッフとからだを動かすトレーニングをしたり、また、市内の介護サービス事業のスタッフと健康について学んだりなど、子どもたちが楽しみながら様々な経験ができる企画をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、KOPPARIさまからのフローズンフルーツを頂戴いたしました。
大変ありがとうございました!

12月21日食堂開催時にスムージーにして子どもたちに提供しました。
当日はクリスマスメニューとクリスマスプレゼント。
楽しい企画が満載で、いつもは無いスムージーに皆のテンションも上がりおかわり続出でした。
大変ありがとうございました!

2024/03/05

「子どもが作るつくる!ワンコインいどこ食堂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府交野市の「子どもが作るつくる!ワンコインいどこ食堂」に12名分の食品を提供しました。

いどこ食堂は、子どもたち自身が、自分たちでつくって、みんなで食べる「子ども食堂」です。
2021年10月からはじまり、毎週水曜日に開催されています。

参加費は食堂名の通り「ワンコイン」であり、1円でも5円でも10円でも100円でも500円でも、おもちゃのコインでもOKであり、参加意思の表明としてのワンコインがあれば参加できます。

子どもたち自身が料理をすることで、食材との出会いにワクワクしながら、「型」や「やり方」にとらわれず、子どもたちからアイデアが生まれます。
時にはおとなの想像を超えた「おいしさ」に出会わせてくれることもあるそうです。

いどこ食堂では、子ども時代の経験が豊かになるためには、子どもたち自身がひとと関わり「やってみたい」を「やってみる」ことが大切であると考えられています。
自分たちで料理を作り、みんなと一緒に食べる。
そんな食を通して、"お互いの自由を相互承認し、自己肯定感を育み合う環境を自分たちで創り出す場所"を目指して、子どもたちの成長をサポートし、日々活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

12/20(水)毎週水曜日に開いているこども食堂で、使わせていただきました。
クリスマス直前だったので、ケーキを作りました。
日頃はなかなか使うことのないフルーツが届いたので、子どもたちは大喜びでした。

2024/03/05

「長さんこども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都練馬区の「長さんこども食堂」に24名分の食品を提供しました。

長さんこども食堂は、創業から30年を超え、昼間はおそばや定食、夜はそば居酒屋として営業されている「そば処 長治」の店舗内で毎月第3火曜日に開催されています。

子ども達の「孤食」「孤立」を防ぐぎ、地域全体で子どもたちの健全な育成を支援するために「長さんこども食堂」は開設されました。
ひとり親世帯をはじめ、両親共働きで留守番をしているお子さんの支援、困った時のこどもの居場所づくり、温かい食事、宿題等の学習支援、サークル活動を目的として活動されています。

地域に必要かつ頼れる居場所を目指して、精力的に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回はクリスマス会の開催です。
参加人数:こども21名 保護者2名 スタッフ8名

一部風邪熱で来られなくなってしまった子ども達がいた中でもみんな元気な子供たちでにぎわいました。
パスタ、フライドチキン、揚げ物、コンソメスープ等の食事の仕上げにケーキの上にフローズンフローツをのせていただきました。
みんなフルーツが美味しいとおかわりが出るほどでした。
欠席のこどもたちにはおみやげにして配りました。
フルーツなどのパッケージを見ると騒がしくなり大ごとになりました。

今回は美味しいフローズンフローツをありがとうございました。

2024/03/05

「蛍池こども食堂」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府豊中市の「蛍池こども食堂」に48名分の食品を提供しました。

蛍池こども食堂は2016年11月にはじまり、毎月第3月曜日に「カレーハウス ガラム」という商業施設内のカレー屋で開催されています。

「孤食を防ぎたい!みんなで楽しくごはんを食べたい!」という想いから、みんなで美味しいカレーを食べながら思い思いに過ごせる寄り合いの場ができました。

食事の他にも、地域の大学が運営する学生団体「楽習隊」による工作教室や、空港のある街の強みを活かした空港見学など、様々な楽しい取り組みをされています。

食育をはじめ、たくさんの経験を得られるイベントを企画し、地域で子どもたちの成長を見守りながら活動に励まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はフローズンフルーツを送って頂き、誠にありがとうございました。
しっかり冷凍されて手元に届きました。
寒い日だったので、持ち帰る子も多かったです。
寒い夜にも関わらず、大勢のお子さんで大賑わいでした。
とっても美味しく召し上がっていました。

2024/03/05

「子どものためのサロン「GOFAR’S」」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府寝屋川市の「子どものためのサロン「GOFAR’S」」に48名分の食品を提供しました。

子どものためのサロン「GOFAR’S」は2022年3月にオープンしました。
学校でもない家庭でもない子どもの第三の居場所として、 学生ボランティアがサポートする学習支援や子どもたちにワクワクしてを楽しんでもらえるアート活動など、様々な活動を通じて地域の子どもたちの成長をサポートされています。
また、毎週土曜日には食育に基づいた夕食の提供 「GOFAR‘S Kitchen」も行い、子どもたちの健康を支えるとともに、食の大切さ、みんなで食事をすることの楽しさを伝えています。

「GOFAR’S」では、子どもたちが希望と自信を持ち、生きるよろこびを感じ、また他者への思いやりやグローバルな心をもち、自分の無限の可能性を信じられる人に成長することを願い、子どもたちの「生き抜く力」を育むサポートをされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回は「石垣島のフローズンフルーツアソート」のご支援ありがとうございました。
2024年初、第1回目の子ども食堂で解凍して提供しました。
当日のメニューはハッシュドビーフ。
食後さっぱりのフルーツで子どもたちは大喜びで食べてくれました♪

2024/03/05

「いいねきーたん食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府岸和田市の「いいねきーたん食堂」に60名分の食品を提供しました。

いいねきーたん食堂は2017年12月にオープンしました。
食堂名の「きーたん」とは、地元の岸和田市立北中学校のゆるキャラである「きーたん」にちなんで「いいねきーたん食堂」になったそうです。

2017年のオープンからみんなでワイワイガヤガヤ楽しく食事をして地域に親しまれてきました。
しかしながら、新型コロナウィルスの流行により、会場であった公民館が閉館となってしまったため、みんなで会食をすることができなくなってしまったそうです。

コロナ禍においても子どもたちを支援するため、2020年の6月より公民館の駐車場を使い、テイクアウトの自転車スルーを始められました。
また、自粛生活に耐え続ける子どもたちの心のサポートのために、七夕やハロウィン、クリスマスなどの季節を感じるのことのできるイベントにも取り組まれました。

そして、2022年5月にコロナと向合いながら、食堂が再開されました。
現在では月に2回ずつ、子ども食堂の開催とテイクアウトで支援活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

フローズンフルーツありがとうございました。

私たちの子ども食堂は毎回150人以上の子どもたちが参加します。
そのような状況の中では、デザートにフルーツを付けてあげた事は一度もありません。
人数が多いので小袋から出して、全てのフルーツを混ぜて器に盛りました。
「めっちゃ、美味しそう!」「今日は、豪華や!」等と言う声があちこちから聞こえてきました。
「美味しい!フルーツのお代わりある?」たくさんの子どもたちに聞かれました。
よほど美味しかったのでしょう!!
子ども達の素敵な笑顔を見ることができました。

本日の参加者179名全員にあげる事ができました。
本当にありがとうございました。

2024/02/27

「こども食堂ヤミー!」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「こども食堂ヤミー!」に24名分の食品を提供しました。

こども食堂ヤミー!は2019年7月はじまり、毎月2回ボランティア・スタッフが運営・開催しています。
こども食堂ヤミー!では、「ちょっとだけ手間をかけて、ちょっとだけ美味しい」そんな献立を心がけて、食の美味しさ楽しさを子どもたちに伝えています。

枝川の町に愛される居場所でありたいと願い、食を通して、子育て支援・高齢者支援・地域交流の活性化に貢献をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

12/12寒い開催日でメニューはアツアツ麻婆豆腐丼とワンタンスープにちょっと早いクリスマスプリン。
お贈り頂いた石垣島からのフローズンフルーツは食べ終わった子から選んでもらいました。
「僕、マンゴー!食べた~い」ママに「○○ちゃんパイナップル好きだよね!」
フローズンフルーツサプライズプレゼント(^^)/賑やかに喜んで頂きましたww
同梱のリーフレットはコピーして皆さんにお渡ししました。
ご寄付ご提供下さった皆様のご尽力に感謝致しております。
ありがとうございました。

2024/02/27

「ねりまこども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都練馬区の「ねりまこども食堂」に60名分の食品を提供しました。

ねりまこども食堂は2015年1月に設立され、月に2回月曜日に開催されています。
会食の前には高校生が勉強を見る「宿題をしよう」タイムがあったり、子ども達に様々な経験を与えるため、年に3回(夏休み・冬休み・春休み)日帰りバスツアーがあったりと、様々な活動がされております。

ねりまこども食堂は、子どもたちにバランスの良い食事を提供し、「みんなで食べる楽しさ」を知ってもらう場である一方で、どんな家庭に生まれても夢をあきらめることなく育って欲しいと思いから、心の糧ともなる居場所づくりを目指して取り組まれております。

地域の子どもを地域で見守り、希薄になった地域コミュニティーを暖かい繋がりに変えていきたい想いを強く抱きながら活動をされております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はフローズンフルーツをお送りくださり誠にありがとうございました。
珍しいものを頂いたと皆さんとても喜んでおられました。
冷凍品といえば、シュウマイや揚げ物、うどんなどの麺類を差し上げることが多くフルーツは初めてでした。
感謝致します。

2024/02/27

「大山畜産こども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪市鶴見区の「大山畜産こども食堂」に60名分の食品を提供しました。

大山畜産こども食堂は、2021年10月からはじまり、養豚場直営レストラン『大山畜産 pork&noodle』にて毎月1回開催されています。

開催時には食事の提供だけでなく、歌や楽器のライブ、縁日でお馴染みの屋台、合同お誕生日会など、様々な催し物があり、まるでお祭りのような取り組みをされています。
子どもたちが安心して過ごすことのできる環境、地域ぐるみで子どもを大事にする環境をつくり、子どもたちの様々な体験の格差も解消していきたいという想いから、広く子どもたちを支援する活動をされています。
主催である大山畜産の熱い想いが通じ、子どもたちだけでなく、ボランティアも多くの方々が参加されております。
活動を通じて、子どもたちへの支援と共に地域の結び付きも深められています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

1月16日にこども食堂形式で開催しました。
今回はこども30名、大人50名が参加してくれました。
ひんやりとしたフルーツに、こどもさんも親御さんも大変喜んでおられました。
有難う御座います。

2024/02/27

「大牟田中央校区子ども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県大牟田市の「大牟田中央校区子ども食堂」に60名分の食品を提供しました。

大牟田中央校区子ども食堂は、毎月第3土曜日に開催されています。
2016年からスタートした大牟田中央校区子ども食堂は大牟田市で最初の子ども食堂です。
食を通じて子どもから高齢者まで、世代を超えて楽しめる環境を作るために始まりました。
毎月多くの方がご利用しており、地域の交流が深めれらています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ありがとうございました。
子供達喜んで食べていました。
又、お願いします。

今月の子ども食堂の日は朝から大変寒い日でしたが子ども達はすごく喜んで食べていました。
嬉しかったです。ありがとうございました。

子供食堂に御協力下さいまして有難うございました。
子供達も喜んで食べていました。
今後共宜しくお願い致します。

2024/02/27

「よつやまふれあい食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県大牟田市の「よつやまふれあい食堂」に36名分の食品を提供しました。

よつやまふれあい食堂は、月に1度開催されております。
こどもから大人まで、地域のみなさんと楽しくおいしいご飯を食べれる子ども食堂です。
地域の皆様の出会いや繋がりの場として多くの方々がご利用になられています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、フローズンフルーツを提供下さり、ありがとうございました。
11月12日(日)ふれあい食堂開催しました。
沢山のフルーツに子ども達も笑顔になり、今回は、クレープの具材に使わせていただきました。
口に入れると、「美味しい~❣」「最高にうまい!」「マンゴー初めてたべた。」「幸せだ~。」と、喜びの言葉があふれていました。
子ども達は、普段家では口にすることが少ない果物を、ご提供頂いたお陰で味わうことができ、本当にありがとうございました。

2024/02/20

「Amamaru子ども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県尼崎市の「Amamaru子ども食堂」に36名分の食品を提供しました。

Amamaru子ども食堂は、2022年10月からはじまり、毎月2回、第2、第4土曜日に開催されています。
新型コロナウィルスの流行の最中に始まったこともあり、子どもたちがしっかりと栄養を摂れるように食育としてお弁当の配布から支援をされてきました。
また、エビ・カニ釣りが人気のイベントとなっており、釣りの遊びを通じて、生き物とのふれあい、環境問題、ルールやマナー、命の大切さを学ぶ取り組みもされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

兵庫県尼崎、子ども食堂Amamaruです。
子ども食堂でのフルーツは金額、鮮度と課題が多く、子どもたちに中々食べさせることができていませんでした。
今回冷凍フルーツをご提供いただき、子ども達の美味しいとの声がいっぱいでした。
1人ずつ真空パックされてロスなく大変使い易かったです。
大変助かりました。
感謝致します。

2024/02/20

「ごえん食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

和歌山県和歌山市の「ごえん食堂」に60名分の食品を提供しました。

ごえん食堂は、河南コミュニティーセンターで月に一度開催されています。
お食事の他にも、宿題や絵本ボードゲームなどをして特別な時間をみんなで過ごされています。
ごえん食堂は、誰でも集い語れるあたたかい居場所であり、ごえん食堂を通じてできたたくさんの出逢いにより、地域のつながりがより一層深められています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

当日は、大人40名、こども70名の110名様にご参加いただけました。
今回いただいたフルーツは、ヨーグルトと混ぜてデザートとしてお出ししました。
ありがとうございました。

2024/02/20

「西西子ども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

京都府京都市右京区の「西西子ども食堂」に24名分の食品を提供しました。

西西子ども食堂は2023年7月からはじまり、お食事と季節のイベントやお遊びを月に1回開催されています。
来た子どもたち一人一人に声をかける事を大事にし、お友達と一緒に食事をすると楽しいこと、親子が来てコミュニケーションが取れる場であること、何かあれば助けを求めることができる場所になることを目指して活動をされています。
また、地域に根付いたアットホームな雰囲気の食堂になるようにと、子どもたちだけでなく地域の方々とも交流を深めながら活動に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度、西西こども食堂の秋祭りを開催し参加してくれた子ども達にフローズンフルーツを配らせていただきました。
ほとんどの子どもにとって初めて見る食べ物にビックリしていました。
たくさんのフローズンフルーツのおかげで無事に参加者全員に渡せれたこと、そしてみんなが色んな人に支えてもらってると実感してもらうことが出来て担当者一同大変感謝しています。
今後ともこのような活動が広がり、人の暖かみが人伝いに繋がっていくことを切に願います。
ありがとうございました。

2024/02/20

「へいなんこども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県西宮市の「へいなんこども食堂」に60名分の食品を提供しました。

へいなんこども食堂は、食を通しての気軽にみんなが集える「居場所」が出来ればとの想いで2018年6月に活動をスタートし、放課後の子どもたちの居場所となっています。

新型コロナウィルスが流行した際には、子ども食堂の開催の代わりにお弁当の無料配布でサポートをし、フードパントリーやコロナによる待機期間中の食サポートなど、より支援を拡充されてきました。

食の支援の他にも、同じ西宮市の神戸女学院大学と共同でおべんきょう会(学習支援)や季節ごとのイベントなどを開催し、地域の子育てを応援する活動に精力的に取り組まれています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、ご支援いただき誠にありがとうございます。

商品が到着した翌日にこども食堂(会食)で大勢のこども達に食べてもらうことができました。
みんな美味しいと言っていました。
物価高騰により厳しい家庭もあり、フルーツを購入する優先順位が低く、なかなか買えないとの声も聞きました。
ありがとうございました。

2024/02/20

「西ノ京円町すまいる食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

京都府京都市中京区の「西ノ京円町すまいる食堂」に36名分の食品を提供しました。

すまいる食堂は、子どもたちにとっては学校が違う友だちと出会い、仲良くなれる場所であり、親たちにとってもお互いの子育ての悩みなどを自然と相談できる居場所です。

「子どもたちに楽しんでもらいたい」「普段できないような体験をさせてあげたい」という気持ちから、ビンゴ大会、くじ引き、スイカ割りなど、ひとつの家庭だけでは味わえない大人数だからこそのイベントを企画し、子どもたちをたくさん笑顔にさせています。

子どもたちだけでなく、お母さんたちとも自然にお互いの相談ができる関係の絆が深められており、地域の子育て世代から欠かせない居場所となっています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

月に1度開催している子ども食堂にて、食事後にデザートとして頂きました。
色々な種類の中から、迷いながら選んでいる子ども達は、ほんとうに嬉しそうでした。
みんなで美味しいデザートを頂き、笑顔一杯のすまいる食堂となりました。

2024/02/13

「じじっか・おおむた」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県大牟田市の「じじっか・おおむた」に24名分の食品を提供しました。

じじっか・おおむたの「じじっか」は、「実家よりも実家」が由来であり、実家がある人もない人も、実家のイメージのように気軽でいつでも行けて、かっこつけずに心も身体も休める場所をつくろう!という思いから名付けられました。

フードバンク活用こども食堂(じじっかごはん)、配達(じじっかフード)、寄付資源お届け(じじっか部屋)、みんなでつくる休日(じじっかの休日)など、子育て中の生の声をカタチにし、豊かで暮らしやすい仕組みづくりに尽力されております。

血縁はないけど地域で大家族となり、家族をお互いに支え合う活動に精力的に取り組まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

1回目配布は芋掘り体験の後だったので、沢山芋掘りして、冷たくて美味しいフローズンフルーツを食べる事ができてこども達は喜んでいました。

2回目配布はおやこ食堂開催時で、
「マンゴー初めて食べた!」
「冷たくて美味しい!」
「自分ではなかなか買えないけどこのような寄付はとてもありがたいです!」など、
利用者の方からも感謝の言葉を頂いています。

スタッフ一同もこども達の沢山の笑顔が見れて感謝しています。

また機会がありましたら、よろしくお願い致します。

2024/02/13

「子ども食堂りとるふぉれすと」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「子ども食堂りとるふぉれすと」に12名分の食品を提供しました。

りとるふぉれすとは、学生の有志が集まり、自分たちの手で子ども食堂を企画し、食事を作り、子どもたちとふれあえる場を作りたいという思いから、2023年8月に立ち上げ、翌月の9月から開催がスタートしました。

子どもや親同士のつながりが生まれ、たくさんの笑顔が溢れることを願って、懸命に取り組まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

クリスマスの特別感のある子ども食堂でフルーツを使用させていただきました。
子どもたちとゼリーにしましたが、子どもたちからも美味しいといった声がたくさん聞けました。
このような機会を作ることができてとてもよかったです。

2024/02/13

「ここコミュこども食堂」に100名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府大阪市淀川区の「ここコミュこども食堂」に100名分の食品を提供しました。

ここコミュこども食堂は、「NPO法人ここから100」が運営しており、空き家をリフォームしたコミュニティスペース「ここコミュ」で開催されています。
ここコミュでは、こども食堂の他にも、淀川防災ラジオや介護相談など、多岐に渡る活動をされております。

ここコミュは、「だれひとり取り残さない・孤独にならない・孤立しない」という理念のもと、多世代・多国籍の方たちを含めたみんなの居場所として設立されました。

学校の外で友達を見つけたい子ども、子育てに悩む若い親御さん、孤独を感じている海外から来た就労者、障害や持病があっても安心して地域に住み続けたい人、地域で活躍したいアクティブシニアなど、だれもが自分の価値を感じながら支え合って生きるため、地域の方々の個々のお悩みに寄り添ったサポートをされております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

開封時の写真はないですが、沢山のアイスに皆大喜びでフローズンアイスが初めてというお子様がほとんどでした。
アイスを渡すときは皆テンションマックス!
食後のデザートに皆で美味しい美味しいと語りながら食べている姿に大人たちはとても癒されました。
素敵な商品ありがとうございました。
お腹も心も満腹です!

2024/02/13

「ひまわり畑子ども食堂」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府枚方市の「ひまわり畑子ども食堂」に48名分の食品を提供しました。

ひまわり畑子ども食堂は、「えほんのお部屋ひまわり畑」という民家を開放した小さなお部屋で開催されています。
えほんのお部屋ひまわり畑では、こども食堂の他にも、絵本の読み聞かせや親子で一緒に楽しむふれあい遊び、預かり保育など、様々な取り組みをされております。
たくさんの絵本と手作りおもちゃがあり、のんびりと子どもを遊ばせることができ、親子でほっとできる、そんな場所に「えほんのお部屋ひまわり畑」がなるようにと、地域の親子に寄り添いながら活動をされております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回いただきましたフローズンフルーツ(パイナップル)は子ども食堂のお弁当配布時に子ども達に配らせていただきました。
今回はクリスマスが近い為、スタッフの子どもの小さなサンタさんから贈り物として渡しました。
貰った子ども達は「あっ、パイナップル♥ ヤッター❣」と美味しそうなパイナップルを貰って、大喜びでした。

2024/02/13

「畑町子ども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県千葉市花見川区の「畑町子ども食堂」に60名分の食品を提供しました。

畑町子ども食堂は、2022年5月にスタートし、基本的には毎月第3日曜日に開催しております。
お食事はバイキング形式の嬉しい取り放題で、子どもからご年配の方までご利用いただけます。

子ども食堂が千葉市内にもたくさんあることを伝えていきたいと、子ども食堂の認知度を高め、多くの方々が利用できるように懸命に活動されております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ダンボールを開けたとたん、歓声が上がりました。
子供達自らの手で、皆さんに配っていました。
みなさん、とても喜んでいました。
フルーツまではなかなか購入できず、初めての果物でした。
ありがとうございました。

2024/02/06

「oh!gataみつばちの巣箱」に35名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

新潟県新潟市東区の「oh!gataみつばちの巣箱」に35名分の食品を提供しました。

oh!gataみつばちの巣箱は、地域の見守りボランティアの方などが「子どもたちの居場所を作りたい」という想いから2021年10月できた、誰かと一緒に食事をする楽しさを味わえるだけでなく、ホッと一息つけたり、思うままに過ごすことができたりする場所です。

様々な世代の人と人がつながり、自分の役割を見つけられる場所。
誰もが安心して集える場所づくり、将来の自立に向けて生きる力を育むこと。

そんな場所になることを目指して、協力してくださる多くの方々と一緒に、子どもたちが成長する環境づくりに励まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こどもたちには石垣島産のフルーツだと伝えたら、行ってみたいという声を上げながら「美味しい〜!」「甘〜い」と満面の笑顔で食べていました♪
人数が多かったので数種類を混ぜて提供しました。
もっと食べたいという声があっちこっちで上がるほど、大好評でした。

2024/02/06

「ふじとみふれあい食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

熊本県熊本市南区の「ふじとみふれあい食堂」に36名分の食品を提供しました。

ふじとみふれあい食堂は、保育園のランチルームで、孤食の子どもや一人で食事をされている老人の方々と一緒に美味しい食事をみんなで楽しく食べる機会を提供されております。
2016年の4月からはじまり、毎月第2土曜日のお昼の時間帯に開催されております。

誰でも気軽に立ち寄れる場所・安心できる空間を提供し、共に支え合う居場所づくりになればという思いから、子育てのサポートだけでなく、地域の異世代間のつながりを構築・強化する橋渡しの役をこども食堂の活動を通じて担われております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

11/11(土) ふれあい食堂を開催しました。
大人13名 子ども達18名 計31名の参加がありました。
フローズンカットフルーツは参加頂きましたみなさん全員に食べていただきたいので、フルーツ白玉にしてメニューとしてお出ししました。
みなさん「美味しい、美味しい!」と言ってくださり、心もお腹も満たされ笑顔で帰って行かれました。
本当にありがとうございました。

2024/02/06

「尾ノ上コミュニティ食堂「陽だまりの樹」」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

熊本県熊本市東区の「尾ノ上コミュニティ食堂「陽だまりの樹」」に60名分の食品を提供しました。

陽だまりの樹は、給食がない日や土曜など毎月2回ほど開催されており、子どもからご年配の方まで、どなたでもご利用できるコミュニティ食堂です。
給食のない日の働くお母さんたちの負担を減らしたい、1人で食べる孤食を減らしたい、そんな想いから2018年に活動がスタートしました。
こども食堂の他にも、季節のイベントや学習支援をされております。

子ども食堂は、貧困対策だけではなく、働くお母さんたちの支援、子ども達の交流の場、地域との交流の場と様々な役割があり、誰でも利用できる場所だからこそ、必要な方に支援を届けたい。
困った時の拠り所になってほしいと強く願い、熱心に取り組まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

10月16日の子ども食堂開催時に配布いたしました。

秋口ではありましたが、お天気も良く、気温も高かったので、そのままデザートで食べてもらいました。
子ども達もおいしいと大人気で、お代わりないんですか?と聞きにくる子も数人いました。
パッケージもかわいくておしゃれで、機会があればまた利用させていただきたいです。

今後とも子ども食堂をよろしくお願いいたします。

2024/02/06

「あいあう食堂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

新潟県妙高市の「あいあう食堂」に12名分の食品を提供しました。

あいあう食堂は、子どものみならず高齢者までを対象にあらゆる世代がつながりを持てるみんなの居場所であり、2017年9月にスタートしました。

子ども食堂では、子どもたちの遊び場や居場所の提供、学習支援をし、フードシェアリングでは、お米・食品など寄付していただいた物を、月1回のペースで登録世帯へ配布をされております。
活動の際は、企業のボランティアや学生等がサポートしてくださり、地域の様々な方々と協力して子育て世代が安心して暮らせる地域づくりに取り組まれています。

学校でも、家庭でもない第三の居場所。
「広い価値観を養い」「生きる力を身に付け」「元気を分かち合う」 そんな『逢い合う』心のよりどころを創るために尽力されております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

私たちNPO法人あいあうは子ども食堂の開催とひとり親家庭を対象としたフードシェアリングを活動の二本柱としています。
今回いただいたフローズンフルーツは、フードシェアリングに参加された親子にスムージーを作り提供させてもらいました。

フローズンフルーツの他にもバナナやベリーなどを用意し、好きなフルーツでお子さんが自らミキサーを使いスムージーを作りました。
自分で作ったスムージーは格別においしかったようで、笑顔溢れるフードシェアリングとなりました。

この度は食材をご提供いただき、本当にありがとうございました。

2024/02/06

「こどもっ家」に22名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県静岡市清水区の「こどもっ家」に22名分の食品を提供しました。

こどもっ家(ち)は、子どもが一人で過ごすことなくみんなで過ごせる場所になるようにと、2017年8月にボランティアスタッフの運営のもとにスタートしました。

こどもっ家は、学年を超えて、学校以外のつながりを作れる楽しい場所であり、大学生が学習をサポートしてくれたり、オセロ・カードゲームや将棋、天気が良ければ公園で遊ぶ時もあるようです。

子育てをがんばっている親の皆さんを、ほんの少しサポートできたらという思いから、育児経験者とシニア世代のボランティアの方々が、"誰もが住み慣れた地域づくり"を目指して、活動をされております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、食品の支援をありがとうございました。
月に2回ほど、あそび、勉強、みんなで食事をする活動を行っています。
食事の際、頂いたパイナップルが作られた石垣島って知ってる?から始まり、たくさんの人がみんなを支援してくれていることを話して、おいしくいただきました。

2024/01/30

「糸魚川こども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

新潟県糸魚川市の「糸魚川こども食堂」に60名分の食品を提供しました。

糸魚川こども食堂は、毎月1回、主に中旬から下旬の土曜日に開催されております。
設立から7年目にはいり、100~150名の方々がご利用されるようです。

「みんなで食べるごはんは楽しい」幼児から高齢者までだれでもが気軽につどえる地域の憩いの場となることを願い、地域のつながりを深める活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はフローズンフルーツの提供ありがとうございます、15日に第65回こども食堂を開催させていただきました。
普段はなかなか果物を付けることができないのですが、このパインは沖縄の石垣島から送ってもらったんだよ・・・と、紹介や掲示もしながら食べて頂きました。
「おいしいね」「うまい!」といって食べるみなさんの笑顔や姿に、私達スタッフも嬉しく思いました。
この度のご支援ほんとうにありがとうございました。

2024/01/30

「子どもの居場所 寺子屋しましま」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県糸島市の「子どもの居場所 寺子屋しましま」に12名分の食品を提供しました。

寺子屋しましまは、「子ども食堂」+「農園」+「塾」が1つになったような複合型子どもの居場所であり、「食育」「農業」「学習」の3つの柱をメインに包括的に子育てを支援されております。
合言葉は「孤育て禁止!」

「子育ては楽しく幸せであって欲しい、きつい時はきついと言える、肩の力を抜いてほっとできる場所を作りたい・・・更に生き抜くスキルアップも目指そう!」
その願いから「食育」「農業」「学習」の3本柱で寺子屋しましまは2021年8月に設立されました。

子ども達の将来が幸せなものであるように、様々な経験を通じて、たくましく、生き抜くスキルを上げていく取り組みに尽力されております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今日の午後はいつもの教室から移動し、地元の生協・グリーンコープいとしま店さんのお祭りに出店しました。
子どもたちが店員になって、自分たちで育てた野菜や寺子屋で飼っている鶏のたまごなどを販売しました。

楽しく社会勉強をした後のおやつとして、フローズンフルーツをいただきました。
子どもたちも大変喜んでいました。

この度のご支援、ありがとうございました!

2024/01/30

「はやめカッパ食堂」に47名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県大牟田市の「はやめカッパ食堂」に47名分の食品を提供しました。

はやめカッパ食堂では、2022年6月まで新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催を休止されておりましたが、現在では毎月1回第4土曜日に開催されています。

大好評のおいしいカレーと副菜が提供されており、家族や友達と一緒に食事を楽しみたいという人で賑わているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回は美味しい商品をいただきありがとうございました。
商品のパイナップルはフルーツサラダとして子どもたちに提供し、参加した子供たちが喜んで食べていました。

私どもスタッフは子供たちの喜ぶ顔が見たく毎回心を込めて調理しています。
今回のように貴重な食材の提供もとてもうれしいことです。
本当にありがとうございました。

2024/01/30

「みなみすなこども食堂」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都江東区の「みなみすなこども食堂」に48名分の食品を提供しました。

みなみすなこども食堂は2016年2月からはじまり、毎月2回、第2, 4 火曜日に開催されています。
開催場所であるボランティアハウスぽかぽかは、普段は地域の人々に癒しを提供するコミュニティカフェです。

みなみすなこども食堂では、こども達が家庭だけでなく地域で安心できる居場所があることや、「あなたを気にかけている大人がいる」ことを感じてもらい、こども達の持つ生きる力を、“こそだち”の応援をする活動に取り組まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

平素より大変お世話になっております。
この度はフローズンフルーツのご提供をありがとうございました。
こども食堂にてこどもたちにお土産として渡しました。

真空パックで冷凍されているにも関わらず、パインのとても甘い香りがしていて受け取ったこどもたちも、とても喜んでいました。
後日、家に帰って早速食べたと連絡をもらいました。すごく美味しかったとメッセージをもらいました。石垣島のパインナップルだって〜と行ったことのない地からのプレゼント、良い経験になりました。
ありがとうございました。

2024/01/30

「子ども食堂 pono」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

北海道札幌市中央区の「子ども食堂 pono」に12名分の食品を提供しました。

こども食堂ponoは、運営する「特定非営利活動法人SDGs村・北海道」の次世代継承事業として、誰もが安心して立て寄れる地域に根付いた憩いの場づくりを提供するため、2021年6月からスタートしました。
毎月第2日曜日に札幌市円山の裏参道にあるスタジオponoで開催されています。

いつも子育て世代の親子や地域の大人たちが集い、アットホームな空間で交流を深めながら楽しい時間を過ごされているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

毎月第二日曜日開催の「子ども食堂pono」において、メニューの1品として提供しました。
参加者は、24名でした。

パイナップル1本を約三等分し、2個ずつ付けました。
冷凍食品でしたので、受取時は事務所のスタッフのみで冷凍庫に保管しました。
パイナップルは好きな子供が多く、お代わりも提供することができました。
沖縄でとれたものを提供いただいたとお伝えしました。
あまぁ~いと言って嬉しそうに食べてくれました。

なかなかメニューに高価なフルーツを取り入れることができないため、この度のご提供は大変貴重なものとなりスタッフ一同、大変感謝しております。
ありがとうございました。

2024/01/23

「福岡国際子ども食堂&居場所」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県福岡市早良区の「福岡国際子ども食堂&居場所」に12名分の食品を提供しました。

福岡国際子ども食堂&居場所は、市内に住むベトナムの子どもたちの学習支援で、言語の違いから授業や進学時に困っていることを知り、より多くの子どもたちを支援したいという思いから始まりました。
日本語教師や小・中学校の英語教師など3人のボランティアが年齢や国籍が異なる子どもたちに勉強を教えています。

子ども食堂では、世界各国の家庭料理を提供しています。
国籍、民族、文化などのお互いの様々な違いを尊重し、学び合い、理解することを大切にされております。
個性の成長を育む活動に精力的に取り組まれております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

頂いた冷凍パイナップルは10月22日に海鮮焼きそばとカニカマサラダと一緒に10人の子どもに提供させて頂きました。
甘くて美味しかったそうです。
普段、子ども食堂の食事はデザートがないので、頂いた冷凍フルーツはデザートとしてとても良かったです。
ありがとうございました。

2024/01/23

「ユニバーサルこども食堂」に25名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都大田区の「ユニバーサルこども食堂」に25名分の食品を提供しました。

ユニバーサルこども食堂は、「大変な思いをして育てている人たちの助けになりたい」、「孤食の子どもたちにたくさんの楽しい思い出を作りたい」という思いから、子どもたちが安心して過ごせる場所を作るため、2021年12月に設立されました。
初めてボランティアを経験する学生や社会人、近隣の方々も協力してくださり、子どもだけでなく、地域の方々の楽しい場所となるよう懸命に活動をされております。

今回は長野県東筑摩郡麻績村の果樹園「麻日屋」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1094
シンガーソングファーマーの伊藤快さんが大切に育てたリンゴを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

本当においしいリンゴでした。
リンゴを切る道具にちょうど入る大きさだったのでみんなで楽しみながら食べました。
ありがとうございました!

こども食堂無料の日だったので、たくさんの方が集まってくださいました。
初めは切る道具だけで提供しようと思っていたのですが、ウサギを作ってみたり、ボランティアの方もこどもたちも一緒に楽しんでくれました。
おいしい料理と美味しいリンゴ、受け取った方々からたくさんのお礼のご連絡もいただいています。

私どもだけでは思いつかず、また食材費の高騰でいいものがなかなか提供できなかったので、本当においしいリンゴをいただき、とてもうれしかったです。
感謝いたします。
ほんとうにありがとうございました。

2024/01/23

「子ども食堂ヒロ」に25名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都大田区の「子ども食堂ヒロ」に25名分の食品を提供しました。

子ども食堂ヒロは、普段は家庭料理とハーブティーを提供するアットホームなカフェで、2015年10月から子ども食堂の取り組みがスタートしました。
「ヒロ」はハワイ語で「むすぶ」という意味で、みんなで食事を通して、仲良く楽しくお話したり、遊んだり、勉強したりする場所をつくりたい。
そんな思いから「子ども食堂ヒロ」が始まり、地域のつながりが深まる活動をされています。

今回は長野県東筑摩郡麻績村の果樹園「麻日屋」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1094
シンガーソングファーマーの伊藤快さんが大切に育てたリンゴを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

カットフルーツとご案内したのですが、小さいので子ども達には1つずつ、大人に別に買ったりんごでカットフルーツにいたしました。
スタッフは、味見ができませんでしたが、「美味しかった」や「甘かった」などのコメントが届きました。
りんご2つ分をイートインのお子さん付け合わせしました。
ありがとうございました。

2024/01/23

「てんどう子ども食堂」に30名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

大阪府吹田市の「てんどう子ども食堂」に30名分の食品を提供しました。

「地域の方々に食を通じて笑顔を届けたい」という思いから、月に一度フードパントリーとお弁当の配布を実施されております。
食育の他にも学習支援をされており、地域の子育てをサポートされています。

今回は福井県福井市のベーカリー「あん食パンの店 パンテス」さんが提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/2048
店名の通り、「あん食パン」が大人気のベーカリーであり、毎月あん食パンシリーズの様々な味の期間限定商品を販売されています。
季節の味わいも楽しむことができる「あん食パンの店 パンテス」のパンたちを、ぜひ、みなさんもご賞味ください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

カラフルなパンをいただき、こども以上にもらいに来たお母さん方が興奮していました。
兄弟姉妹で仲良く分けていただいたり、福井県から届いたというと興味を持って下さりました。
また4種類を選べるのに楽しんでいる子どもたちが多く見受けられました。
この度はありがとうございました。

てんどう子ども食堂 上野進

2024/01/23

「めりあ園こども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県勝浦市の「めりあ園こども食堂」に24名分の食品を提供しました。

めりあ園こども食堂は、2023年10月からスタートしました。
毎月第2金曜日に開催されています。

「子どもは宝であり、子育ては地域のみんなでするもの。支えあうもの。」と考え、勝浦市の子育てをサポートする活動をされております。

困っている家庭があったら、その子どもや家族をまわりの大人がチームとなって支え合える地域であってほしいと思い、そのような地域のあり方を目指して精力的に取り組まれております。

今回は香川県仲多度郡まんのう町の「讃岐うどんのこんぴらや」さんが提供してくださいました。
紹介はコチラ
↓ ↓ ↓
https://merryna.jp/producer/2133
原材料から製造方法までこだわりを持ち、古来より伝わる伝統の製法を忠実に守り続ける「本場さぬきうどん」をぜひご賞味ください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は大変高価なおうどんのご提供ありがとうございました。

今回ご提供いただいたおうどんは、お子さまがたくさんいらっしゃるご家庭にお渡しさせていただきました。
お子さまが美味しく食べているお写真とともに、とても美味しかったとお礼のお言葉をいただきました。
どうもありがとうございました。

めりあ園こども食堂

2024/01/16

「芋やぽんぽこ子ども食堂」に25名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

東京都大田区の「芋やぽんぽこ子ども食堂」に25名分の食品を提供しました。
芋やぽんぽこ子ども食堂は、2023年8月に食支援(会食及びフードパントリー)と学習支援・体験機会の提供などを組み合わせた「夏休み中の子どもの宿題と生活応援事業」としてスタートしました。
家庭や学校以外で"自分たちで過ごす場所"を提供し、子どもの健全な成長と生活の応援を目的として、熱心に活動をされています。

今回は長野県東筑摩郡麻績村の果樹園「麻日屋」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1094
シンガーソングファーマーの伊藤快さんが大切に育てたリンゴを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はたくさんのリンゴを送っていただきありがとうございました。

赤く色艶の良いリンゴを手に取って、子どもたちも「甘い香りがする」「かわいい!」と、大変喜んでいました。
なかには両手に持って丸かじりする男の子もいましたよ。
親御さんたちには2つずつお土産にお配りして、それぞれのご家庭でも召し上がっていただきました。

設立後間もない団体のため、こういった食品の支援は本当に助かります。
重ねて、御礼申し上げます。

代表 鈴木宏彰

2024/01/16

「みん食Minna」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡県福岡市東区の「みん食Minna」に60名分の食品を提供しました。
みん食Minnaでは、お持ち帰りのフードパントリーと子ども食堂を月に2回ずつ実施されております。
2022年の4月に事業がスタートし、2023年7月からは地域の九州産業大学の学生と協働した、食事と一緒に学習支援(お絵描き、工作、ゲーム等々)も受けられる「食べラボ」もスタートしました。
親子、学生、地域の方々が一丸となって、地域の憩いの場所づくりに尽力されております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

普段は、フードバンクさんなどから頂いた食材を有効活用できるようにメニューを考えているのですが、賞味期限が迫っている物も多く、いただき物の賞味期限を見て、メニューを変更することも度々で、今回も、せっかくいただいたフローズンフルーツも後回しになってしまいました。
しかし、フルーツなど生の食品は日持ちがしない上に、手間がかかり、お金もかかるので、今回の様な、カット済みの冷凍フルーツというのは、非常にありがたかったです。
みん食Minnaでは、現在約120名のご利用がありますので、頂いたフローズンフルーツは、小さめにカットして、スポンジケーキと一緒に、【フルーツプチケーキ】として提供させていただきました。
普段使用している缶詰のフルーツに比べると、生に食感が近く、シロップ漬けになっていない分、より果物本来の甘さを感じてもらえたと思います。
子ども達も大変喜んで、お代わりをする子もいましたので、足りるかヒヤヒヤしましたが、喜んでもらえて良かったです。
この度は、本当にありがとうございました。

2024/01/16

「しずおかキッズカフェ」に18名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県静岡市葵区の「しずおかキッズカフェ」に18名分の食品を提供しました。
地域の子育ての手助けを目的に、2016年に発足したしずおかキッズカフェ。
子育てが少しでもしやすくなって、家庭や地域にもっと笑顔が増えていけるようにと、地域の子育て応援団、そして社会の応援団の一員として、何かお手伝いができたらという純粋な気持ちの大人たちがボランティアとして集い、月に2回子ども食堂を開催されております。
子ども食堂の他にも、料理体験や工作など楽しいイベントや大学生による学習支援も行っていらっしゃるようです。
地域全体で子育てをサポートする応援団として活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、新鮮で美味しい麻日屋さんのサンつがるのりんごをありがとうございました。
酸味も強くなく、小さな子どもにも食べやすかったとママたちも喜んでいました。
物価高騰で、野菜や果物も手ごろな価格で購入することも難しかった中、ご支援を頂き心より感謝致します。

2024/01/09

「島想会こども食堂 笑人達」に18名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

鹿児島県大島郡与論町の「島想会(シマムイカイ)こども食堂 笑人達(ワラビンチャー)」に18名分の食品を提供しました。
笑人達は普段はクレープ屋として商っていますが、月に1回の頻度でこども食堂を開催しています。
食を通して子どもたちが未来に夢を持ち、自立した大人になるために心身に活力を蓄えることを目的として、与論島初のこども食堂を立ち上げました。
命の大切さを学べる居場所づくりに精力的に取り組まれています。

今回は長野県東筑摩郡麻績村の果樹園「麻日屋」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1094
シンガーソングファーマーの伊藤快さんが大切に育てたリンゴを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

タイミングよく21日に甘い香りの箱が届きすぐにりんごだと気づきました。
クレープを食べに来ていた子どもたちが、「りんごだ~」と大喜び!!食堂の日を楽しみにして来てくれました。

その日は非常食米で作るカレーライスでしたが、彩りを添えることが出来ました。
ボランティアの方もこんな事があるんだねと喜んでウサギさんにする?とか言いながら切りましたよ♪

2024/01/09

「子ども食堂しずく」に30名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

滋賀県大津市の「子ども食堂しずく」に30名分の食品を提供しました。

子ども食堂しずくは、2022年に開設された近江舞子の子どもから大人まで、老若男女どなたでもご利用いただける地域食堂です。
誰もが気軽に寄り合い、幅広い世代がつながる地域の一つの居場所を目指して活動をされております。

名前の「しずく」には、びわ湖が滋賀を潤すように、一人ひとりのひとしずくが人の心を潤し、美しいびわ湖のように、ひとしずくのうるわしさを共に育んでいきたい、そんな願いが込められています。

ひとしずくが集まって、ひとつの湖となれる子ども食堂やみんなの居場所の環境づくりに日々尽力されております。

今回は京都府京都市左京区高野西開町のベーカリー「Bread Tsukune ブレッド ツクネ」さんが提供してくださいました。
ご紹介はコチラ↓↓
https://merryna.jp/producer/1725

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は食品のご提供誠にありがとうございました。
今回は51食のお弁当配布を行い、子育て世帯へご提供頂いた冷凍パンをお配りさせて頂きました。
どなたも、嬉しそうにパンを選び取って帰られました。
どれもおいしそうなパンでした。
今後ともよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

2024/01/09

「あさひこども食堂」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

秋田県横手市の「あさひこども食堂」に48名分の食品を提供しました。
あさひこども食堂は、現在第2日曜日夜のあさひこども食堂と第4日曜日昼のみんなのこども食堂を開催し、「ひとりごはんより みんなでわいわい」をモットーに食育支援の活動をされています。
子ども達・保護者の皆さん・地域の皆さん・同志のみんな・スタッフみんなが幸せを感じられる空間づくりを目指し、人と人とのつながりを大切にしながら、子どもの成長と地域の発展に貢献されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回はいただいた乾麺を使い冷やし中華!!
茄子・かぼちゃ・パプリカ・オクラの揚げびたし・ポテトサラダ・冷やしメロン・・・・・・
それに・・・・・・
スペシャルデザートに「めりぃな」さんから頂いたKOPPARI 石垣島フローズンパイナップル!!
みんな大喜び。

スタッフも味見させていただき、石垣島の味に感激!!
会場のみんなが元気になりましたよ!!!

◎会場の感想◎
お母さん
「えー石垣島のパイナップルー!そんなのたべたことな~い!うん うまいじゃ~ん」
子ども達
「パイナップルだーい好き!石垣島ってどこにあるの?」
「おいし~もっとほしい!もっとほしい!」

みんな大喜びでした。

2023/12/26

「ひばるん子ども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「ひばるん子ども食堂」に60名分の食品を提供しました。
毎月第3水曜日16:00から子ども食堂を開催。子どもたちが集まり宿題もされています。
参加者が100名を越えることもあるようで、日々精力的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

多くの頂き物が添加物の入ったものや加工品であるなか
今回お届けいただいたものがシンプルでおいしい冷凍フルーツであったことから
特に小さい子を連れたお母さんたちに喜ばれました。
120名の方が来られたので、先着での持ち帰り制になりました。
帰るまで食後にカルタで遊んで帰宅後に冷凍フルーツを楽しんでくれました。
ありがとうございました。

2023/12/26

「福井こども食堂はらぺこ」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市西区の「福井こども食堂はらぺこ」に24名分の食品を提供しました。
はらぺこはこども食堂を初めて3年目。地域の皆様の出会いや繋がりの場として多くの方々がご利用になられています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

KOPPARI様からの石垣島のフローズンフルーツ・パインを送っていただきました。子供たちにも大好評のデザートにさせていただきました。

パインはブレンダーにかけ、フレッシュソース仕立てにいたしました。
パンナコッタのソースに使用させていただき、参加者の方にも美味しく召し上がっていただくことができました。

美味しい状態で保存が出来る商品を使用でき、大変嬉しかったです。
パインの甘さと酸味のバランスがとても美味しく、いろいろなメニューに活躍したくなる商品でした。
ありがとうございました!!

2023/12/26

「ほっとるーむ・ソアレ」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「ほっとるーむ・ソアレ」に12名分の食品を提供しました。
ほっとるーむは月2回、第一・第三月曜日に開催されています。
食事の提供だけでなく、無料で勉強のお手伝いもされているとのことです。
ボランティアの地域の大人に見守られ、活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、当会の子ども食堂(ほっとるーむ・ソアレ)の食材をご提供いただきまして誠に有り難く感謝申し上げます。
残暑が厳しい中での、「フローズンカットフルーツ」のプレゼントに喜ぶ子どもたちの笑顔が目に浮かびます。

当日は、北海道科学大学保健医療学科理学療法学科3年生がボランティアで参加し勉強を見てくれたり、遊んでくれたりしていましたので、子どもたち同様にプレゼントさせて頂きました(いつも学習支援で参加してくださるOLさんにも)
笑顔で感謝の気持ちをお伝えいたします。
ありがとうございます。

2023/12/19

「チームなないろ」に、20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

青森県つがる市の「チームなないろ」に、20名分の食品を提供しました。
チームなないろは、 子どもだけでも、親子でも、ひとりでも、高齢者でも、障がいがある人でも、誰でも参加ができる、居心地の良い場所が地域にできることを願い、つがる市及び五所川原市で活動しているボランティア団体です。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

10/24(日)子ども食堂を開催いたしました。
今月は稲刈り体験ということで、地元の農林高校にご協力頂き、春5月に植えた苗を鎌で刈り取り、束ね、干す作業を行いました。
子どもたちは高校生のお兄ちゃん、お姉ちゃんと仲良く取り組んでいました。体験活動の終了の後、頂いていたおやつを子どもたちにプレゼントさせて頂きました。
事前にお菓子に番号を振り分けておき、くじ引き方式で子どもたちにお渡ししました。
箱を開けると大小様々なお菓子が入っていたことに子どもたちはどれが当たるだろうと、目をキラキラさせていました。
大きいのが当たった!と喜ぶ子ども、好きなお菓子が当たったと嬉しそうに話す子ども、笑顔があふれる時間となりました。
この度は、沢山のご支援を賜りました誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

2023/12/19

「てらこや食堂」に16名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

新潟市中央区の「てらこや食堂」に16名分の食品を提供しました。
てらこや食堂はお寺を会場にした子ども食堂で、みんながおいしくて温かいごはんをお腹いっぱい食べられる地域の食堂です。
子どももおとなも、栄養満点の出来たてご飯をいっしょに食べましょう。一人でも、親子でも食べに来られます。
ここは大切なあなたという存在のための安心できる居場所です。
第一水曜日と第三水曜日の月に二回オープンします。

今回は長野県東筑摩郡麻績村の果樹園「麻日屋」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1094
シンガーソングファーマーの伊藤快さんが大切に育てたリンゴを、みなさんもぜひご賞味ください!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

とてもおいしいリンゴでした。甘くて優しい味で、とっても新鮮。
参加者の子どもたちがどんどん食べて、たくさんいただいたのに一切れも残りませんでした。
きっと農家の方が愛情をこめてつくられたのだと思います。その愛情を大人も子どもも、しっかりいただきました。

2023/12/19

「みんなの食堂きらり」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「みんなの食堂きらり」に48名分の食品を提供しました。
こどもから大人まで、地域のみなさんと楽しくおいしいご飯を食べれる子ども食堂です。
クリスマス等の季節のイベントも開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

9月16日土曜日 みんなの食堂きらりを開催しました。
いただいたフルーツは当日会場に来れなかった子ども達も含めお配りしました。
当日は9月の北海道にしてはまだまだ暑く、フローズンフルーツは大変喜ばれました。
見た目は色鮮やかで「わーい、パイナップルだ!」「美味しそう!!」「冷たーい!!」との声が上がっていました。
この度のご支援、本当にありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

2023/12/12

「食事のなる木プロジェクト」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

秋田県大仙市の「食事のなる木プロジェクト」に48名分の食品を提供しました。
このプロジェクトを運営する高梨商店は、2020年より、実店舗とキッチンカーを活用した飲食店&弁当屋をされています。

食事のなる木プロジェクトとは?
木の実をつける大人から、きのみをたべるこどもたちへ。
日々の営業にてご支援頂いた一つ300円の食事のなる木の実の売上によって、子どもが無料でご飯が食べられたり、​ご協賛、ご協力いただける企業・団体様と連携し、映画上映会、芸術鑑賞会、各種ワークショップなどの親子向けイベントの開催を継続的に企画することを目標としています。
(引用元:https://www.takanashistore.com/projects-3

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

9月のこども食堂で活用させていただきました!
かき氷に自由にシロップをかけて食べようという企画も一緒に開催して、パインをトッピングにしている子もいました。
皆さん「あまーい!」と感嘆の声をあげていました。ご支援ありがとうございました。

2023/12/12

「NPO法人子どもの未来・にじ色プレイス」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「NPO法人子どもの未来・にじ色プレイス」に24名分の食品を提供しました。
当法人では、子ども食堂事業・学習スペース事業・フリースペース事業・学び舎事業・フードバンク事業を中心に、2015年から活動されています。
子ども食堂では、地域のベテラン主婦やボランティアの方々が、手作りの料理を提供されているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

まだまだ暑い札幌でしたが、KOPPARIさんから提供を受けた石垣島のフローズンパインで爽やかな風が舞い込みました。
子ども達が大好きなヨーグルトと合わせて、デザートにしました。
おかわりもたっぷりとして、子ども達の笑顔に変えることができました。
ありがとうございました。

2023/12/12

「nicon食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「nicon食堂」に24名分の食品を提供しました。
nicon食堂は地域交流や子どもへの支援を目的に、毎月第2土曜日に開催されています。
運営をするNPO法人niconは、主に不登校の子ども達の居場所と、大人の学び場づくりを行っています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はフローズンフルーツのご支援ありがとうございました

ご報告が遅くなってしまいましたが、9月9日に開催しましたこども食堂にて、利用させていただきました。
この日は札幌にしては真夏日でしたので、かき氷提供の際に、フローズンフルーツ添えにして子供達に食べてもらったり、そのまま食べてる子もいました。
豪華なかき氷に子供達笑顔で、おかわりしてました^_^

色んな種類のパイナップルがあったので食べ比べする子も✨
大人、こども合わせて40名程度でしたが、楽しませていただきました、ありがとうございます😊
また機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します

2023/12/05

「海と空のひろば」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「海と空のひろば」に48名分の食品を提供しました。
食事会などの活動を通し、地域の繋がり・地域の居場所作りを目的に活動されています。
今回は食品提供という形で、提供させていただいた食品をお配りいただきました。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

海と空のひろばです。
9月8日(金)夕方に、食品無料提供という形で、ご提供いただいたフローズンフルーツを用いさせていただきました。
食品提供ですので、こどもから大人まで100名以上の方々が受け取りに来られましたが、こどもたちに配布することを心がけました。
厳しい残暑の続く天候の中でしたので、受け取った方々から、とても喜ばれ、感謝の言葉をいただくことができました。
ご提供いただき、本当にありがとうございました。

2023/12/05

「ななカフェ♡こども食堂」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「ななカフェ♡こども食堂」に60名分の食品を提供しました。
ななカフェ♡こども食堂では、みんなが安心して過ごせる地域の居場所づくりを目指し活動されています。
食事だけでなく、季節のイベントや勉強会など様々なイベントを企画し、精力的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

パイナップルを子どもたちへ配ると「わぁー!美味しそう!!」と歓声が、、、。
石垣島の3種類のパイナップルをどれにしようかと選ぶのも楽しそうでした。
まだまだ暑い日が続いてる中の冷たいデザートにこどもたちの笑顔がいっぱいでした。
ありがとうございました!

2023/12/05

「こども食堂CIRCLE」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「こども食堂CIRCLE」に48名分の食品を提供しました。
保育園の給食メニューをもとに食事を提供され、一緒に遊んだり、勉強したり、地域の方々を楽しめる企画もあるとのことです。
週に1回開催されているとのことで、開催日はSNSやHPをご確認ください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こども食堂ではフルーツを提供できることがほとんどないので、こどもたちはとても喜んでいました!
開催日が真夏の暑かった日ということもあり、フローズンフルーツはアイスのようでみんな大満足の様子でした。
この度はご支援いただきまして誠にありがとうございました。

2023/11/28

「グランマキッチンカフェ」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「グランマキッチンカフェ」に20名分の食品を提供しました。
留守家庭を利用していない子どもと、高齢者の孤食を考え、学習と遊びと食を一緒に楽しめる居場所作りを目的に活動されています。
料理作りを楽しむ方や家庭教師の経験があるメンバー等とともに運営されており、子どもの宿題、紙芝居、キッズヨガ、高齢者との交流の場となっているようです。
毎月第1・第3水曜に開催されています。

今回は福岡市の「手造りクロワッサン専門店 Lapin-ラパン-」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/2073
愛情をたっぷり込めて作られたクロワッサンを、皆さんもぜひご賞味ください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

冷凍パンの詰め合わせを送っていただき、ありがとうございました。
箱を開けたらクロワッサンがたくさん。
「美味しそう!!」の言葉の子供達が喜んで思い思いのパンを選んでおやつにいただきました。
とっても美味しかったです。
ありがとうございました。

2023/11/28

「子どもの居場所 かけはし」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県沼津市の「子どもの居場所 かけはし」に20名分の食品を提供しました。
2022年4月に活動をはじめられ、毎週火曜日と金曜日に開催。
過ごし方は自由!ハロウィンや納涼祭など、イベントも開催されています。

今回は千葉県鎌ケ谷市のベーカリー「palaoa(パラオア)」が提供してくださいました。
https://merryna.jp/producer/1833
低温長時間熟成によって1本1本丁寧に焼き上げられたバゲットが、palaoaの定番。
ぜひ皆さんも食べてみてください♪

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

パラオアの無添加冷凍パンの寄付をありがとうございました。
夏のイベントとして納涼祭を開催し、射的やお菓子つり、引きくじ、ボーリング、だるま落としなど子どもたちが楽しめるブースを作りました。
今回のパンは引きくじの景品にしました。50名以上の子どもたち全員に行き渡りみんな喜んでいました。
色々な種類もあり味も美味しく、無添加で安心して食べられるパンでした。
ありがとうございました。

2023/11/28

「こども食堂フロンティアキッチンふうしゃ」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市西区にある「こども食堂フロンティアキッチンふうしゃ」に20名分の食品を提供しました。
こちらの子ども食堂は毎月第2火曜日に開催されています。
「未来を築く子どもたち(フロンティア)が、地域の中で健やかに育っていけるように、共に過ごす場を創る」という理念のもと、子どもから大人まで、「学ぶ・食べる・あそぶ」ことのできる地域の食堂を目指し、活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

コミュニティカフェ・ふうしゃで行っている、フロンティアキッチン・ふうしゃのこども食堂は持ち帰り弁当形式です。
今回の予約数は68個、内お子さんは25名でした。
箱を開ける時、色々なお菓子の中から選ぶときの表情は満面の笑みで、とても嬉しそうでした。
ありがとうございました。

2023/11/21

子ども食堂「dish」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の子ども食堂「dish」に20名分の食品を提供しました。
dishは毎週水曜日の子ども食堂活動のほかに、食べ物の無償提供も行われているとのことです。
今回はダンス教室に集まられた皆様にお配りいただいたとのことでした。
子ども食堂を運営されているbird/leafでは様々な活動をしておられるようです。
ぜひInstagram等をチェックしてみてください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

8/27に開催した「あさみ先生の発育ダンス教室」に同行してサポートと参加者さんがお帰りの際にお土産としてお菓子をお配りしました
参加者さんの年齢構成上クッキーが最適でしたので、いただいたクッキーに私たちが用意したクッキーと木のおもちゃも加えて36人分お渡ししました
残りのお菓子はbird/leafに来てくれる登校困難の小中学生にひとつずつお渡ししようと思っております
この度は私たちの活動をご理解・ご支援いただき、たくさんのお菓子を頂戴して本当にありがとうございました

2023/11/21

「もみじ台子ども食堂つぼみ」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「もみじ台子ども食堂つぼみ」に20名分の食品を提供しました。
こちらの子ども食堂は毎月第3木曜日に開催されており、楽しい事、うれしかった事、さみしい時やつらい時に話に行ける場所。
子供たちの居場所造りを目指し活動されています。
つぼみの名前は、「地域の人の暖かさや、優しさに包まれて大きく花咲いて欲しい」との願いからつけられたとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

無事に8月26日子ども食堂を開催することが出来ましたので開催レポート(ご報告)させていただきます。

今回は、カレー弁当の配付会。生活物資の配付会を行いました。
子ども13名 保護者12名が参加されました。
開始前から炎天下にも関わらず列ができみなさん楽しみにされていました。

お菓子は箱から選んでいただきましたがたくさんのお菓子に目をキラキラさせ子どもたちは選ばれていました。
この度のご支援心より感謝いたします。

2023/11/21

「サワト子ども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県取手市の「サワト子ども食堂」に24名分の食品を提供しました。
こちらの子ども食堂は「有限会社戸祭貞次郎商店」が運営されており、食を通じ、子ども達が楽しく過ごせる場の提供、保護者がほっと一息つけ、そしてなによりおいしい食事を食べてもらうための支援活動をされています。

戸祭貞次郎商店は「サワトのつけもの」という漬物店を営業されています。
ホームページにも美味しそうな漬物がずらり。
ぜひ見てみてください♪

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回の子ども食堂は、ハンドベル演奏会&演奏体験をしとても楽しく過ごしました。
その後は食事会。
漬物屋なのでお野菜たっぷりとり、みんなおいしく食べました。

お待ちかねのデザートはシフォンケーキにいただいたカットフルーツを添えて豪華なデザートに、みんな大喜びでした。

お持ち帰りの方には開けずにそのままお渡ししました。
食事に彩りができて本当に楽しい食事会になりました。
ありがとうございました。

2023/11/14

「花っ子みんなの食堂」に30名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市西花畑の「花っ子みんなの食堂」に30名分の食品を提供しました。
当日は100名を超える参加者があったとのことです。
提供させていただいたお菓子が子ども達のかわいい笑顔に繋がったとのことで、大変嬉しく思います。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

参加の子どもたち全員に、いただいたお菓子を配ることができました。みんなのかわいい笑顔が嬉しかったです。
誘い合って、お友達同士で来る子ども食堂は、みんなの居場所になっています。
おかわりをたくさんしてくれました。早く食べ終わった子どもたちは、ボードゲームをして遊びました。
たくさんのお菓子のご支援ありがとうございました。

2023/11/14

「子ども食堂・ミントカフェ」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

秋田県大館市の「子ども食堂・ミントカフェ」に36名分の食品を提供しました。
「子ども親支援スマイル・ミント」が運営するこちらの子ども食堂は、月に2回程開催されています。
月に1回はプレーパークと同時開催され、子育て家族の食とあそびがコラボで子ども食堂を展開され、高齢者のやりがい生きがい支援にも繋がっているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

フルーツにいろんな種類があるので、選ぶのに迷っていましたが、無事にお渡しできました。
「わ~フルーツだ!」「「冷やし中華のトッピングにしよう!」と子どもたちはとても喜びました。
また、相性ピッタリのパイナップルが冷やし中華の味に深みを添えてくれました。
フルーツは予算面でなかなか提供することができずにいたので、この度のプレゼントに感謝の気持ちでいっぱいです。
パイナップルの中には、種類によって色の違いがあるのがわかり、今回の大発見でした。
それぞれ種類を確認しながら「みんな全部の種類 食べてみたいな~」という声も上がりました。
友達家族と違う種類をシェアして、パイナップルの味を確かめながら食事をする、笑顔いっぱいの子ども食堂となりました。

2023/11/14

「グッジョブおしゃべり食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県水戸市の「グッジョブおしゃべり食堂」に36名分の食品を提供しました。
こちらは茨城NPOセンター・コモンズの「グッジョブセンターみと」から生まれた子ども食堂です。
2021年から活動を始められ、毎月第1日曜日に開催されています。
グッジョブセンターみとは、仕事の経験がなかったり、働くことに不安のある方に、相談や仕事の体験を通し、一歩踏み出すお手伝いをされているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

沖縄より直送便で届く予定だった冷凍フルーツ。
風の影響で予定していた日の発送が遅れてしまうご連絡を「めりいな」様よりいただき、急遽、送り先を「おしゃべり食堂」の開催地に直接届けてもらうことに。
食品は予定通り、子ども食堂の開催前日の夜に無事届きました。
冷凍食品の為、スタッフが開封してそのまま冷凍保存をして翌日に備えました。

この日は、「ダイナム」様より7名のボランティアがいらっしゃいました。
食事の後、おしゃべり食堂恒例の参加者の歌や、紙芝居、ダイナム様との、塗り絵や折り紙を楽しんだ後、近くの公園へ散歩に行きました。
この日は、暑い日で、散歩から戻ったタイミングで、「めりいな」様よりいただいた冷凍フルーツを提供させていただきました。
暑い中で、キンキンに冷えた冷凍フルーツは子どもは勿論大人にも喜ばれました。
特に、マンゴーが人気で、あっという間に無くなりました。
暑い時期に嬉しい食品のご支援ありがとうございました

2023/11/07

「NPO法人Synapse40」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県大崎市の「NPO法人Synapse40」に48名分の食品を提供しました。
Synapse40では、地域の社会資源(ひと,もの,こと)を発掘し、0歳から親世代までを対象にした子どもの学び支援及び子育て支援並びに人財育成プランの普及啓発活動を進められています。
2015年6月に設立され、日々精力的に活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

月1回の定例フードパントリーで開封しました。
いつも子ども達も一緒に仕分けをしているのでゴム手袋をはめています。

7月開催予定が豪雨のために延期。
是非やってほしいとの要望により,夏休み最後の日曜日の思い出として流しそうめん会を行いました。
いただいたフローズンフルーツが竹を流れて必死とすくって楽しんでいました。
石垣島の生産者とめりぃな様に感謝して集合写真をパチリ。

2023/11/07

「カフェみるここ子ども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

札幌市の「カフェみるここ子ども食堂」に24名分の食品を提供しました。
カフェみるここは毎月第2金曜日に開催されています。
提供されるお料理は、一品一品手作りにこだわり、食べてくれる方の笑顔を想像して、丁寧に作られているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

夏休み期間中のお昼のイートイン
みんなで手作りパンのデザートとしてご提供させていただきました。

〈受け取った時の子ども達の様子〉
「かわいい!」「冷たい!」「美味しそう!」「アイスみたい!」と女の子に大好評でした。

〈ご提供食品を利用させていただいた感想〉
身体に良いものを提供したいという思いで、いつも手作りでご提供しています。
今回のフローズンフルーツは、果物がそのままかわいいアイスに大変身したとても身体に優しいものでした。
パッケージの色合いも可愛らしく、お渡しした時に喜んでいただけたのがとても印象に残っています。

今回はみんなでパンとスープを作ったのですが、デザートにぴったりでとても華やかな食卓となりました。
ご提供いただきありがとうございました。

2023/11/07

「ニコニコ食堂」33人分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

奈良県天理市にある「ニコニコ食堂」33人分の食品を提供しました。
「お母さんとこどもを笑顔にしたい」という思いから、ニコニコ食堂は始められました。
どなたでも参加できて、みんなの居場所になれることを目的とされています。
ニコニコ食堂は週に2~3回開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こんにちは。いつもお世話になっております。ニコニコ食堂です。
7/25に、ラムネ無事に届きました。ありがとうごさいます。
早速、経済的に厳しいご家庭15世帯にお渡しさせて頂きました。
皆さんとても喜んでくださいました。
本当にありがとうごさいます。
また、引き続きご支援頂けるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

2023/10/31

「星の宮わいわい食堂」に60名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

愛知県清須市にある「星の宮わいわい食堂」に60名分の品物を送付しました。
星の宮学区の子ども達へ食支援と居場所づくりがしたいという思いから、2018年4月に設立されました。
毎月第4日曜日に開催され、子ども達と地域のために活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

梅雨が明け、夏休みが始まった暑い日、第46回「星の宮わいわい食堂」を開催しました。
阿原まつりの準備で、公民館が使用できないため、食堂開催ではなく、久しぶりのお弁当配布となりました。
今回は、18 歳以下の子どものみの配布としました。

2023/10/31

「オハナ子ども食堂」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡市の「オハナ子ども食堂」に20名分の食品を提供しました。
オハナ子ども食堂は月に1回、第3月曜日に開催されています。
今回は参加者が総勢100名を超えるという、一大イベントになったとのことです。
流しそうめんをされたとのことで、とても楽しそうですね♪

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

7月17日 海の日に、天候に恵まれ近所の千勝浅間神社にて62名の子ども達とスタッフ48名で楽しく流しそうめんを開催いたしました。
想定外のお菓子のお土産、いろんな種類のお菓子に子ども達はとても喜びました。
保護者からも、お菓子のお土産があることにお礼を言って頂きました。ありがとうございました。

2023/10/31

「地域たすけあいの会」に40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

岐阜県の「地域たすけあいの会」に40名分の食品を提供しました。
地域たすけあいの会は、毎週土曜日に可児市でこども食堂とフードパントリーを開催されています。
こども食堂で食事を提供するとともに、こども食堂で食べるメニューをこども料理教室として、調理方法を教えながら実際に作り、こども達が家でも料理を実践できるようサポートされているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はお菓子を提供していただきありがとうございました。
土曜日に開催しているこども食堂でお菓子をお渡ししました。
こどもたちはお菓子を見た瞬間目がキラキラ!笑顔が溢れていました。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2023/10/24

「志布志子ども食堂」に50名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

鹿児島県志布志市の「志布志子ども食堂」に50名分の食品を提供しました。
志布志子ども食堂は、子育て支援・食事提供・交流の場づくりを目的に、毎月第2土曜日に開催されています。
お写真からもわかるように、子ども達をはじめ多くの方々が参加され、笑顔と元気で溢れるかえっております!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回のご支援誠にありがとうございました。
石垣島の陽ざしを思い切り浴びた完熟パイナップル!しかも冷凍してあって酷暑の昨今に助かる一品となりました!
真空処理、カット済など使いやすく衛生的で、画像のように子供たちが手づかみでも大丈夫な商品でした。
物価高騰なども影響してか、子ども食堂の利用は毎月50人程で大変喜ばれております。
中には昼食にコンビニの菓子パン1個の子供さんもいました。
みんなと同じものを和気藹々とおなか一杯食べられるひと時は子どもたちも楽しみにしてくれているようです。
今回初めてフルーツデザートでした。食後にサッパリした酸味と甘みが口の中に広がって大満足!その笑顔を見て私たちも癒されております。

鹿児島県志布志市 志布志子ども食堂 代表 田浦 天志

2023/10/24

「東谷山子ども食堂」に50名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

鹿児島市の「東谷山子ども食堂」に50名分の食品を提供しました。
楽しく集まれる場所・子ども達がホッとできる場所を目指し、鹿児島市の東谷山地域で毎月1回開催されています。
SNSを拝見したところ、お祭りへの出店や文房具寄付活動への参画、お仕事体験の実施等、精力的に活動されています。


今回は大阪府高槻市のベーカリー「anpan」さんが提供してくださいました。
ご紹介はコチラ↓↓
https://merryna.jp/producer/1599

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

①夏休みの自由研究の一環で、かすみ草染色の実験をしました。
参加人数 子ども10名 大人7名 スタッフ3名 一人親世帯配布3家族
頑張って染色体験をした後にみんなで楽しく食べたパンは「すーーーーーっごくおいしかった」と好評でした。

②たくさんのパンに目を輝かせていた子ども達が印象的でした、特にかわいい亀のメロンパンが大人気で兄弟げんかが起こるほどでした笑
普段は、パンはあまり好きではないと、進んで食べない子もみんなとおいしそうに食べていました。
今回のご支援で夏休みの思い出が出来ました、誠にありがとうございます。

③当日配布した余剰パンを、個別支援で一人親のご家庭に配布いたしました。
1軒のご家庭はちょうどお子様が体調を崩されていて、「おいしいパン本当に助かりました」感謝の声をいただきました。
ご支援感謝申し上げます。

2023/10/24

「やなぎまち子ども食堂in空満」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

富山市の「やなぎまち子ども食堂in空満」に20名分の食品を提供しました。
やなぎまち子ども食堂は、食事だけでなく、多世代の人と多様な体験ができる場を目指し、毎月第2土曜日と毎週金曜日に開催されています。
「空満」は「カラFULL」と読むようで、「空(から)っぽが満たされる(full)みんなの秘密基地」という意味合いがあるようです。
空満は通常はカフェとして、時にはコミュニティの場として、地域の拠点として人と人とが繋がる取り組みを行っており、売上の一部が子ども食堂の活動費に充てられているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

子ども食堂開催時に寄付いただいたお菓子を活用し、「お菓子のつかみ取り」を実施しました。
お菓子の詰まった箱を開ける時も、お菓子をつかむ時も、たくさんのお菓子に目を輝かせる子どもたちの姿がとても印象的でした。
当日は子ども達の笑顔をたくさん見ることができ、心温まるひとときとなりました。
貴重な機会をいただきありがとうございました。

2023/10/17

「畑沢こども食堂」に70名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

木更津市の「畑沢こども食堂」に70名分の食品を提供しました。
「地域に親しい人がたくさんいる安心をみんなで」をテーマに活動されています。
月に1~2回開催され、時間を分けて個別にお弁当と食材をお渡しされているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、子どもたちが大好きな“ハイチュウ”のご提供をありがとうございました。
夏休みに入り、子どもたちが家にいる時間が増え、その分食費はかさむということで、皆さんとても喜ばれていました。
先に、フードパントリーで5家庭17名のお子さんへお渡しさせていただき、7月31日のこども食堂に参加された26名へ、合計43名分お渡しさせていただきました。
「大好きなブドウ味嬉しぃ!」「もっと欲しいぃ~」と子どもたちとても喜んでいました。
ありがとうございました。

2023/10/17

「坂東市生活学校こども食堂」に30名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県坂東市の「坂東市生活学校こども食堂」に30名分の食品を提供しました。
「お腹が空いたら食べにおいで ひとりじゃないよ」をキャッチフレーズにボランティアの皆さんが作ったご飯やお菓子を一緒に食べる場所を提供されています。
毎月第2、第3土曜日に開催され、こどもは無料で参加できます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

いただいたお菓子を各家庭やこどもたちに配達しました。
連日暑い日が続いてこどもたちは外でなかなか遊べないそうですが、お菓子をもらって家の中で楽しくして過ごしたそうです。
また、農家でいただいたにんじんも配達しました。

2023/10/17

「あじさい食堂」に104名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

熊本市の「あじさい食堂」に104名分の食品を提供しました。
あじさい食堂は子どもから高齢者までを対象に、月に1~2回開催され、食事の提供だけでなく、学習支援や悩み事相談、多世代の交流の場にもなっているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

会食、宅配、持ち帰りにて配布しました。おいしそうに食べ、大人気でした。

2023/10/10

「たからづか子ども食堂」に20名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県宝塚市にある「たからづか子ども食堂」に20名分の品物を提供しました。
2016年10月から毎月2回、宝塚市総合福祉センターにて市内の子どもと保護者を対象にした子ども食堂を開催しています。
家庭の事情で孤食の子どもたちに手作りの食事と居場所を提供しています。
誰もが豊かで充実した生活と安全で安心して暮らせるまちづくりに寄与することを目的に活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2023年度のカレンダー有り難うございました。
約半年が過ぎているので、子どもさん、保護者の皆さんの反応はどうかな?と思っていましたが、卓上カレンダーだったので大変喜ばれました。
机の上に置くのが欲しかったとの声を聞いてプレゼントをしてよかったなあと感じました。
ありがとうございました。

2023/10/10

「カフェ凛」に10名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県牧之原市の「カフェ凛」に10名分の品物を提供しました。
2016年より月1回、子ども食堂を開催されています。
乳幼児とママ達をはじめ、毎回10人前後が参加されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

カレンダーをいただくのは、初めてでした。
食事後、受け取ってくれた子どもたちは、喜んでいました。
誕生日が近い子、もう過ぎてしまった子もいましたが、お母さんと、話しながら、カレンダーに大事そうに〇をつけている姿が印象的でした。
ありがとうございました。

2023/10/10

「きっすこども食堂」に60名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

徳島県徳島市の「きっすこども食堂」に60名分の品物を提供しました。
きっすこども食堂は月に1回開催されています。
小さいこどもさんからご年配の方までが、気軽に立ち寄ることのできる居場所づくりを目指し、地縁、血縁が薄れていくなかでも、孤立しない街づくりを目指して精力的に活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は卓上カレンダー、ありがとうございました。
小学校にあがったばかりの子にカレンダーの見方を教えるのにちょうど良かった、とお母さんに言ってもらえました。
小さい子にはまだ分からないようでしたが、おもちゃのように楽しんでいるように見えました。

2023/10/03

「Robeつくば学習会」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

つくば市の「Robeつくば学習会」に20名分の食品を提供しました。
こちらはつくば市で初の、NPOによる無料学習塾であり、塾の送迎ができない、子どもには高校・大学に行ってもらいたい、子どもを塾に行かせたいが経済的に難しいといった、様々なご事情を抱えるご家庭の保育や学習支援を行っております。
休憩時間には軽食をみんなで分け合ったり、ゲーム等を通して、楽しくコミュニケーションをとる場にもなっているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回は賞味期限の関係で、放デイと学童にて配布しました。
箱を置開けた瞬間からみんな大興奮!!
うれしそうな様子で、「おいしい、おいしい」と言って食べていました。
いつも子どもたちへのご支援ありがとうございます。

2023/10/03

「スカイ子ども食堂」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

徳島県東みよし町の「スカイ子ども食堂」に24名分の食品を提供しました。
「多様性の昨今、男女関係なく、子どもも大人も高齢者さんも。 障がいがある、なしも関係なく人としてご縁を紡ぎたい。
手と手を取り合いまた、障がいを個性として捉え 差別・偏見のない世の中に」
そのような想いで子ども食堂をされています。
子どもも大人も高齢者さんもみんなが安心して過ごせる居場所、若いお母さんには子育ての悩みなどを話せて、心を軽くしてもらえるような場所を目指し、活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ヘルパンギーナやなぜか夏なのにインフルエンザなどがはやり、何回か延期になり予定していた行事も延期に。
参加人数も大幅に減った中での開催でしたが参加した児童はとても「おいしい」と言ってくれています。
ありがとうございます。

大変貴重な食材提供心より感謝です。
子どもたちのあふれる笑顔を見てまた頑張る力が湧いています。
ありがとうございました。

2023/10/03

「やっぺすママこども食堂」に25名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県石巻市の「やっぺすママこども食堂」に25名分の食品を提供しました。
やっぺすママこども食堂は、特定非営利法人やっぺすが運営されています。
やっぺすは女性や子どもを始めとする多様な担い手に学びや活躍する機会を提供し、市民ひとりひとりが支えあい、みんなで課題を乗り越えていく社会基盤づくりを行う宮城県石巻市の復興支援団体です。
「やっぺす」という言葉には、石巻地方で「一緒にやりましょう」という意味があるそうです。
震災から間もないころは、「復興に向けて頑張ろう」という言葉や一方的な支援に疲れている方が多くいらっしゃり、被災者として同じ目線で寄り添って活動をしようという意味を込め、やっぺすとされたとのことです。
こども食堂以外にも、震災復興支援事業や子育て女性就職支援拠点事業等、幅広く活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

つながるママCafé開催
病後児保育の看護師の講師と親子2組(おとな2名、こども2名)の方にお渡ししました。
お子さん1名はちょうど寝てしまい、写真に写っていませんが起きてフローズンフルーツを見るとニコニコでご機嫌でした。
ママさんたちは初めて見るパッケージにお話しもはずんでなごやかな会となりました。
ご支援をいただきありがとうございます!

やっぺす農園にトマトを植えよう♪ワークショップ
19名参加(おとな11名、こども8名)
地域の方に講師となっていただきトマトの苗植えのワークショップを開催しました。
当日は晴天になり作業後に参加者さんへフローズンフルーツをお渡ししました。
苗植え作業をした後のご褒美のフローズンフルーツをお子さんも「冷たくておいしい~!」ととても喜んでいただきました!
地域の親子の笑顔が溢れ、コミュニティ作りの場となりました。
ご支援をいただきありがとうございます。

2023/09/26

「NPO法人てしおて」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

鹿児島県南さつま市の「NPO法人てしおて」に60名分の食品を提供しました。
てしおてが開催する子ども食堂は、第3土曜日に行われています。

誰もが集まれる場所
一人でもはいれて、みんなで一緒に作って、食べる場所
世代をこえて楽しさを分かち合う交流の場所
旬の素材を使った、美味しい安全な食事の提供

このような子ども食堂を目指し活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

毎月一回のこども塾で、マフイン作りをしました。
出来上がったマフィンに頂いたフルーツを添えて、みんなで食べました。

第3土曜日のてしおて食堂ではデザートのホットケーキに添えて頂きました。

袋を開けるところから子どもたちは、「豪華ぁ~!」、「可愛い~!」と、大喜びでした。
そして、食べると「美味しい~」という感想でした。
ありがとうございました。

2023/09/26

「仙台子どもcafe向日葵」「名取子どもcafe向日葵」に60名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県の「仙台子どもcafe向日葵」「名取子どもcafe向日葵」に、60名分の品物を提供しました。
2つの子ども食堂は「和ごころコミュニケーションズ」が運営され、宮城県内の子ども達に食と伝統文化を基本にした、様々な地域や年代の方々がコミュニケーションできる交流の場、体験を通して学習できる場などの居場所作りをされています。
子ども食堂のほか、野外活動や学生ボランティアによる学習支援・進路相談もされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

名取子どもCafe向日葵開催時に、子どもCafeお弁当と一緒に支援物資として、いただいたタオルを配らせていただきました。
支援対象35名、母子家庭と生活困窮者の方を主にしております。
大変喜んでいただきました。ありがとうございます。

2023/09/26

「こども食堂げんき」に50名分の品物をお届けしました。

開く 閉じる

西東京市の「こども食堂げんき」に、50名分の品物を提供しました。
こども食堂げんきは毎月2回、第2日曜日と第4土曜日に開催されています。
地域で支える子どものコミュニティを作り、孤食、孤独な子どもの心の支えとなることを目的に、ボランティアの皆様で活動をされています。
ホームページの活動記録には、とてもおいしそうな食事の写真が掲載されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

天候は変わりやすく晴れたり、大粒の雨が降ったりしていましたので、早速、フェイスタオルを利用している様子が見られました。
柄が3種類あって、好きなものを選んでもらいました。
ありがとうございました

2023/09/26

「宮城野子ども食堂」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

仙台市にある「宮城野子ども食堂」に20名分の食品を提供しました。
宮城野子ども食堂は、「子どもなら誰でも、ひとりでもやってきて食事ができる」食堂づくりを通して、地域の子どもたちに心地のよい居場所を提供する市民団体です。
立場は違っても、「子どもたちのために、何かをしたい」という思いで、職業も年齢もさまざまな11名が集まり、始められたとのことです。
たくさんの子どもたちでにぎわう、楽しく居心地のよい居場所づくりをめざし、精力的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はお菓子の提供ありがとうございます。
宮城野子ども食堂は今のところまだ手作りお弁当と支援品のフードパントリーを週1回(月4回)40世帯70人の子どもたちを対象に開催しています。
頂いたお菓子は6月8日の学習支援の子ども(6~8人)対象に配布しました。
賞味期限が9日だった歌舞伎揚は学習の後のおやつにみんなで一緒に食べました。
「カリカリしておいしい~」と喜んで食べました。その他のお菓子はどれにしようか悩みながら選んで持ち帰ることができました。
ありがとうございました。

2023/09/19

「おむすびスポット」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県木更津市の「おむすびスポット」に24名分の食品を提供しました。
おむすびスポットは月2回、第1・3水曜日に開催され、登校前の子ども達におむすびや惣菜パンを提供されています。
朝食の支援は、働く親御さんにとっては大変有難いですね。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

おむすびスポット(学校近くで朝ごはん)9月6日(水)6:45〜8:30に開催致しました。
2022年6月から月2回(水)6:45〜8:30まで岩根中学校前、旧高柳書店をお借りして開催しています。
最近では小学生の子供たちの多く、中学生合わせて20名前後の子供たちが利用してくれています。
おむすびスポット初のフローズンフルーツのデザート9月6日(水)小学生12名、中学生5名に、とても喜んでもらいました。

2023/09/19

「いわねこどもサロン」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県木更津市の「いわねこどもサロン」に36名分の食品を提供しました。
いわねこどもサロンは毎月第4土曜日に開催され、学習支援と子ども食堂をされています。
参加者は宿題を持ち寄り、勉強のあとはみんなで楽しくランチをされているようです。
様々なメニューの料理を提供され、どれもおいしそうです♪

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

いわねこどもサロン(学習支援+こども食堂・小学生限定)7月22日(土)10:00〜12:30に開催致しました。
コロナ禍ではお弁当対応でしたが5月から会食が始まりました。
連日の猛暑のせいか、通常より少ない23名の参加でした。
1時間30分のお勉強の後の会食メニューは夏野菜カレー、ポテトサラダでした。
いつもデザートまで用意する事がなかなか出来ないので、トロピカルなフローズンフルーツは夏野菜カレーにぴったりなデザートで、子ども達も大喜びでした。ありがとうございました。

2023/09/12

「森の子ども食堂」に36名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県三島市の「森の子ども食堂」に36名分の食品を提供しました。
子ども食堂を運営する「NPO法人森のようちえん太陽と緑の風クラブ」では、外遊びを基として情操教育を実施する活動をされています。
「外遊びを基とした情操教育」と「食の学び」を融合させたのが「森の子ども食堂」とのことです。
野外ならではのワイルドな献立(竹を使った食器や調理など)や、普段では経験できない直火を使っての調理など楽しく体験され、子ども達は自己責任感・自己肯定感を養いながら食の大切さを学んでいくとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

子ども食堂流しそうめんイベントで配布させて頂きました。
暑い日だったのでフローズンフルーツに子ども達は大喜びでした。
この日、別の支援品もあり、食事の後に子ども達を集めて、みんなのために支援をしてくださる人や会社がたくさんある事等を説明しました。
午前中には農家さんで収穫体験もして、日頃当たり前に食べているお野菜が、どれだけ大切に育てられているか説明を聞き驚いていました。
支援に感謝し、生産者に感謝し、食べる事の有り難さを痛感出来る素晴らしい子ども食堂イベントとなりました。
ありがとうございました。

2023/09/12

「よりみちの会」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

仙台市の「よりみちの会」に、24名分の食品を提供しました。
赤ちゃんから大人まで、みんなで一緒にご飯を食べたり遊んだり学んだり楽しく過ごされています。
「みんなで食べれば寂しくない。そんなひと時を、、気が向いたときにぶらっと、ちらっと。寄ってみて。」とのことです^^

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

夏休みに入ってすぐの7月23日(日)、「よりみち~のんびり食堂」を開催させていただきました。
ひとしきりゲームや工作をして遊んだ後の食事では、子ども達は、どんなフルーツが当たるのかとても楽しみにしていました。
また、食事の時間に合わせて来られた親子も何組かあって、ステキな沖縄のフルーツに嬉しそうな笑顔を見せていました。
皆さん「夏らしいステキなデザートだね!」などと、とても喜んで食べて下さり、私共も大変感謝しております。
本当にありがとうございました。

2023/09/05

「TOMODACHI お茶NOMA」に24名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県下妻市にある「TOMODACHI お茶NOMA」に24名分の食品を提供しました。
お茶NOMAは「しもつま外国人支援ネットワークTOMODACHI」が主催されています。
2022年5月から、多様な人達が集まる場所、子供たちが安心して来れる場所を作りたいという思いからスタートされました。
ペルーやインド、パキスタン、日本など、色々な子どもたちが集まり、宿題やレクリエーションをされ、楽しい時間を過ごされているそうです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

○受け取った子どもたちの声
「おせんべいだいすき!ありがとう!」
「これおいしい!すきなあじだった。」

○保護者の声
「ごはんだけでなく、おやつまでいただいてありがとうございます。」
「うちの子は甘いお菓子よりお煎餅が好きなので喜びます。ありがとうございます。」

2023/09/05

「親子食堂ばーちゃんち」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

岩手県の「親子食堂ばーちゃんち」に20名分の食品を提供しました。
親子食堂ばーちゃんちは月に2回、企画ごとに各地(盛岡市・矢巾町・紫波町)で、ひとり親家庭や生活困窮世帯を対象に開催されています。
バーベキューや流しそうめん、調理実習など、お子さんたちに食事とともに、経験や学びを届ける活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

畑の草取りイベントの後にご褒美としてBBQを開催し、その際に参加のお子さん達に寄付頂きましたお菓子を配らせて頂きました。
箱を開ける時にみんなに集まってもらい、好きなお菓子をひとりひとつ選んでもらいましたが喧嘩などなくちゃんと譲り合っている様子が微笑ましかったです。
また個包装になっているお菓子をBBQ準備で頑張っているお母さんたちに配っているお子さんもいました。とても良い機会になりました。
ありがとうございます。

2023/09/05

「子ども食堂すまいりぃ」に60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県木更津市にある「子ども食堂すまいりぃ」に60名分の食品を提供しました。
すまいりぃは「いつも頑張っているママさんパパさんやお子さまのお役に立ちたい」という想いから活動をスタートされました。
栄養満点の美味しいお弁当の提供や、こども服のお渡しを行っております。
Facebook、Instagramで情報を発信されていますので、近隣にお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

普段フルーツを食べることが少ないのですごくうれしいです!

パイナップルすぐにペロっと子供が食べて大喜びでした!
ありがとうございました。

すごく甘くて冷たくておいしかったです!

などなど喜びの感想をいただきました!
こども食堂でなかなかフルーツをお渡しできる機会が少ない中
とっても甘くておいしいパイナップルをお渡ししたところ
みなさま笑顔で喜んでお持ち帰りいただけました!
本当にありがとうございました。

2023/08/29

「にじぴあリビング子ども広場」に48名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福島市の「にじぴあリビング子ども広場」に48名分の食品を提供しました。
「にじぴあリビング」は子ども福祉を目指し学んでいる大学生のサークルです。
コロナで実習やボランティアの機会が著しく減った学生が自主的に居場所活動を行っています。
今回開催された子ども広場では、絵本のプレゼントやふうりん作り、くじびきが行われ、150名ものご来場があったとのことです。
にじぴあリビングの今後のご活躍が楽しみですね。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

先日開催しましたイベント「にじぴあリビング子ども食堂」にてご提供いただきました、フローズンフルーツのプレゼントを行いました。
今回初めての試みでしたので不慣れな点も多々ありましたが、参加者のお子さんや親御さんが、暑さの中、楽しい時間を過ごして頂けたのが何よりでした。
カットフルーツの申し込みをした時点では、まさかここまでの猛暑になるとは予想もしていませんでしたが、ひんやりした果汁たっぷりのフルーツに、みなさん大喜びなさっていました。
秋以降はフードパントリーの計画も立てております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

◇多くのコメントを頂きました!◇
・今回、猛暑のなかでの開催となり、暑い中参加してくれた子どもたちに、冷たいフローズンフルーツのプレゼントは大好評でした。
生の国産パイナップルを初めて食べた子どももいたようで、美味しさと共に、産地に興味を持ってくれた子どもや保護者さんも多かったのが嬉しかったです。
・去年家族で沖縄に行ったという子どもさんは、「沖縄のだ!」と大喜びしていました。
・福島は桃が有名で、丁度今が出荷の真っ盛りです。「ピーチパイン」という品種を見て「桃もパインも一緒なの?」とびっくりしている子もいました。
 パイナップルにも色々な種類があることを学んだようです。
・果汁たっぷりの瑞々しさでしたので、水分補給にはぴったりでした。一番最初に終了してしまったのが、パイナップルコーナーでした。
・今回、予想を上回る来場者数でしたので、先着順となってしまったのが残念でしたが、美味しさを多くの方に楽しんでいただけるきっかけになったのでは、と思います。
・子どもさんの口の大きさにピッタリのサイズでしたので、小さいこどもさんもとても食べやすかったようです。

2023/08/29

「ふくしまキッズエコ食堂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福島県本宮市の「ふくしまキッズエコ食堂」に12名分の食品を提供しました。
バランスのとれた食事をみんなでおなか一杯食べるという、当たり前の経験を多くすることで、「美味しいこと」は「楽しいこと」「嬉しいこと」を気付けさせる活動を行っておられます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回ご支援頂いた食材ですが、5月27日開催(大人20名、子ども10名参加)の シホンケーキ手作り会のデコレーション材料として使用し美味しく頂きました。
ありがとうございます。

2023/08/29

「子ども食堂まねき猫魂」に12名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県伊東市の「子ども食堂まねき猫魂」に12名分の食品を提供しました。
ご家族など誰でも大歓迎!誰でも安心して利用できる場所を目指されています。
今回提供させていただいたフルーツは、カレーのあとのデザートとしてお召し上がりいただいたとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

今回はありがとうございました!!
カレー食べたあととかなので、子供達喜んでいました♪
フローズンフルーツ、これからの時期もかなりいいなと思います!!
いろいろな種類試してみたいなと思いました♪

2023/08/22

「君津まちなか子ども食堂」に49名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県君津市の「君津まちなか子ども食堂」に49名分の食品を提供しました。
君津まちなか食堂は毎月第3木曜日に開催されています。
子どもから高齢者まで参加でき、幅広い交流の場となっているようです。
多くのボランティアの方々がご参加されているとのことで、お写真からも活気が伝わってきます!

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

貴重な石垣島のパイナップルをありがとうございました。
6月15日の開催時にデザートとして配らせていただきました。
6月15日は千葉県の県民の日で学校はお休み、加えて県や市などの運営する施設等は無料で入場できる日だったため、いつも子ども食堂に来る子供たちはお出かけが多く今回は40数名の参加にとどまってしまいました。
半面、高校生ボランティアの参加もありスタッフ数は19名といつもより多かったです。
コロナ禍で3年近く手作り弁当の配布とフードパントリーを続けてきましたが、5月より会食に切り替えました。
石垣島のフローズンフルーツアソートは、2回目となる会食を彩って、なかなか手に入らない果物という宣伝効果もあり皆さん大事そうにトレーに乗せ、食事の最後においしそうに食べていました。
参加者が少なかったためスタッフにも回り、私もいただきましたが本当に甘くおいしかったです。
生産者の皆様、そしてお送りくださりご支援くださった皆様に心より感謝いたします。

2023/08/22

「しおかぜホーム」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県松島町の「しおかぜホーム」に20名分の食品を提供しました。
経済的な理由で十分な食事ができない家庭や疾病や障害等で家事が難しい保護者の支援をするために、月に1回「しおかぜ食堂」を開催されています。
しおかぜホームでは子ども食堂だけでなく、不登校やいじめ、虐待、発達障害等で学校や家庭に居場所を失った子どもたちに安心して過ごせる場所を提供すべく、学習支援等も行っています。
また、育児や生活に困難さを感じる親へのサポートも行うなど、積極的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

過日は、パイナップルを送付して頂き、ありがとうございました。
パイナップルは、お弁当にトッピングさせていただきました。
子どもたちは、とても喜んでいたとの事です。
今後も、宜しくお願い申し上げます。

2023/08/15

「こども食堂バンビーニ」に80名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県石巻市の「こども食堂バンビーニ」に80名分の食品を提供しました。
こども食堂バンビーニは、毎月土曜日に2回開催されています。
大人300円、こども100円の参加費で、お弁当・味噌汁・ジュース・ミニデザートをお持ち帰りできるそうです。
ガチャガチャやクレーンゲームでちょっとしたお祭り気分も味わえるとのことで、お近くの方はぜひご参加ください。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

6月17日土曜日子ども食堂を開催させて頂き60名の方にご参加頂きました。

頂いたフローズンフルーツのパインは遠く沖縄の石垣島から飛行機で来たんだよとお話させて頂いた所
子ども達だけではなく保護者の方も大感激でありがたく直ぐご馳走になりますとの声をたくさん頂きました。
貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。皆様の温かいご支援を繋がせて頂きました。

心より感謝申し上げます。

2023/08/15

「子ども食堂きらら」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県浜松市にある「子ども食堂きらら」に20名分の食品を提供しました。
「地域のみんなで一緒に食事をつくり、食べることで、信頼関係を築き、地域みんなで子どもたちに寄り添って未来を応援したい」
そのような想いから、NPO法人子育て支援の会が、子ども食堂を始められました。
毎月第1土曜日に開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

とても甘くて美味しかったです。砂糖無しで果物の味 喜ばれました。
石垣島の人はいつも美味しいもの食べられていいなと言っていました。お誕生会はケーキの代わりに果物でしたがとても喜ばれました。
ありがとうございます♪

2023/08/08

「縁側サロン竹ちゃんち」に32名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

熊本県熊本市にある「縁側サロン竹ちゃんち」に32名分の食品を提供しました。
働くお母さん、小さいお子さんをお持ちのお母さん達が気軽に交流でき、立ち寄れる場所の提供により、孤立しない育児支援を目的に、平成26年から自宅を開放し、子ども地域食堂を開設されています。
協力スタッフも産後ケアや小児科医、看護師、保育士といった職歴を持っている人達が在籍しており、お母さんの強い味方となっておられます。
開催は第4水曜日と土曜日とのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

小さい子やお母さん方は、食後にお配りしてデザートとして食べてもらいました。
小学生は、プール遊びから戻って食べてましたが、食べ頃の硬さになってると、こども達同士でワイワイ喜んで食べてました。
沖縄のパイナップルでしたが甘くて冷たくて美味しいとお母さん方も喜んでいました。
有難うございました。

2023/08/01

「みんなの食堂」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県鹿嶋市の「みんなの食堂」に20名分の食品を提供しました。
みんなの食堂は「みんなで楽しく美味しく食育!」をテーマに、毎月第2土曜日に開催されています。
子供は無料、大人は300円で参加でき、収益は次回の食材購入に充てられるとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

子どもたちは、何が箱に入っているのととても興味深く観察していました。
パイナップルのフローズンフルーツは、初めて食べたと大喜びでした。
冷たくて甘いフルーツに、美味しいと喜んでいました。
子ども食堂の経費では、フルーツは高級でなかなか購入できず、缶詰フルーツの提供でした。
今回は、貴重な品をありがとうございます。
ありがとうございました。

2023/07/25

「こどもキッチンブルービー」に40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

熊本県熊本市にある「こどもキッチンブルービー」に40名分の食品を提供しました。
こどもキッチンブルービーは、毎月第1・3土曜日に開催されています。
主に小・中学校の子供を対象に心の貧困対策、孤食予防、自分で作り生きる力をつける食育、たくさんの人との食の楽しさを伝える取り組みをされています。
その他に、地域のなかで活かせる防災や防犯など様々な体験ができる「地域サロン」や、放課後に居場所のない子供を地域のみんなで見守る「放課後見守支援」、生活に困っている家庭や、学習の遅れなどで塾に通うことが困難な小・中学生を対象にした「学習支援」を行っているそうです。
今回食品を提供してくださった「ベーカリーラボクアドロフェニア」さんのご紹介はこちら
https://merryna.jp/producer/1617

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ベーカリーラボクアドロフェニア様からいただきました冷凍パンは、放課後の居場所として開放している拠点に集まる子どもたちに提供させていただきました。
毎日、学校が終わりやって来る子どもたちはお腹を空かせています。
そんな時、夕飯まで小腹を満たしてくれるパンはとても有難いです。
今回のご支援に心より感謝申し上げます。

2023/07/18

「NPO法人Nestle」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県ひたちなか市にある「NPO法人Nestle」に20名分の食品を提供しました。
2022年9月、ひとり親家庭や生活に困窮する家族を助けたいという思いから、NPO法人Nestleを設立されました。
「子育てを頑張っているお母さんの負担を少しでも減らしたい!」
そのような想いで、子ども食堂は毎月第2・4木曜日の17時~20時に、同じくひたちなか市にある「AI's Cafe」で開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

毎月第2・4木曜日にこども食堂を開催しています。
今回 めりぃな様より、お菓子の詰め合わせをいただき、食後にプレゼントしました。
色々なお菓子があり子供達は悩みながら選んでいました。
グミ系のお菓子が人気でした。
今回も多くの子供達の笑顔が見られて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

2023/07/11

「ほくほく子ども食堂」に80名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

徳島県板野郡板野町にある「ほくほく子ども食堂」に、80名分の食品を提供しました。
ほくほく子ども食堂は、ほくあ子ども会が運営されており、「ここに来ればみんなに会える」という場所を目指し、子ども食堂などを通して、地域の皆様との繋がりを提供されております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

フローズンフルーツ届きました。
5月18日のフードパントリーにて利用者様に配布させていただきました。
子供達にも食べやすいフルーツはとても喜ばれました。
この度はありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2023/07/04

「東仙台子ども食堂」に30名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

仙台市の「東仙台子ども食堂」に30名分の食品を提供しました。
「子ども達の孤食を防ぎ、様々な人たちの多様な価値観に触れながら、健全な心と体を守ってあげたい」
このような想いで、毎月第4水曜日に開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、KOPPARIフローズンパイナップルのご提供ありがとうございました。
パイナップルをご提供した時の子どもたちの反応は、まず冷たさにびっくり、そして沖縄の石垣から届いたことにさらにびっくりしておりました。
お弁当と一緒に持ち帰ってもらいそれぞれのご家庭で切って食べていただきました。また後ほどとても甘くておいしかったと。
今回の参加人数が55人でしたので、もう少し量をいただければ、一袋ずつお渡しできたのにと思いました。
素敵なご提供品大変ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

2023/07/04

「子育て応援隊!子ども食堂NARUTO」に33名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

徳島県鳴門市の「子育て応援隊!子ども食堂NARUTO」に33名分の食品を提供しました。
令和2年9月に、NARUTO総合型スポーツクラブハウスに併設しているカフェにて、夕食を提供する子ども食堂をオープンされました。
「カフェに来たみたいにほっとくつろげる場所」を目指し、月3回水曜日の16:30から鳴教大学生ボランティアによる学習支援と、栄養バランスのとれた夕食を提供されているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

5月24日の子ども食堂で配らせて頂きました。
ぷっちょやハイチューが入った箱をみんなで開封して、子ども達は大興奮!大好きなお菓子に大喜びしていました。
24日の子ども食堂利用者はおとなも含めて198人の参加があり、支援の必要なご家庭にも配ることが出来大変助かりました。
ありがとうございました。

2023/06/27

「ガウラこども食堂」に40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県袖ケ浦市にある「ガウラこども食堂」に40名分の食品を提供しました。
2018年9月から始められ、毎月1回、市民会館のフリースペースで開催中されているとのことです。
食事代は、こども100円、大人はお気持ちにより300円以上としています。
昼食だけでなく、イベントも併せて企画することもあり、こどもからお年寄りまで、多いときには100人くらいの参加者が集まり、地域の交流を深められているようです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

5月20日(土)11:30~13:00ガウラこども食堂を開催しました。
コロナ禍ではお弁当無料配布をしていましたが、先月から袖ケ浦市民会館での会食に戻っています。
子ども20名大人15名の参加でした。
市内の小学校でインフルエンザが流行し、学級閉鎖となっているためか、予約のキャンセルが相次ぎました。
子どもが発熱したり、体調不良のため参加できないスタッフも多く、少ない人数で調理配膳しました。
いただいたフローズンフルーツは色々な種類があり、ぜひそのままみなさんに召し上がっていただきたかったのですが、市民会館に冷凍庫がないため、品質を下げないためにも、またお子さんが食べやすいように杏仁豆腐に入れることにしました。
おかげ様でおいしいデザートをおつけすることができました。
お子さん達もおいしそうに召し上がっていました。
本当にありがとうございました。

2023/06/20

「わいわい食堂」に40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県鹿嶋市の「わいわい食堂」に40名分の食品を提供しました。
孤食の子ども、高齢者他誰でも立ち寄れる地域食堂を第3土曜日に開催。
工作、遊び、イベントも随時行っているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

5月20日にわいわい食堂を開催しました。
今回もお弁当形式で約110食配布しました。
(対象は子どもだけでなく高齢者や若い母親などいろいろです)
スタッフの余裕がなく、いつも目の回るような忙しさです。
月1回ですが、皆さん喜んでくださるので張り合いがあります。
なかなかメニューにデザートつけられないので、うれしかったです。
数が少なかったのは残念ですが、国産のパイナップルということで(私も何年か前に現地で食べたことがあります!)
豊かな心になったことと思います。実際に食べた方が「おいしかったよ」と話されてました。
本当にありがとうございました。

2023/06/13

「NPO法人あっとホームたかまつ」に80名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県鹿嶋市にある「NPO法人あっとホームたかまつ」に80名分の食品を提供しました。
あっとホームたかまつは、2015年9月に、鹿嶋市高松地区の保護者の願いから、子どもに寄り添い個性を大切にする居場所をつくるために設立されました。
「愛と笑顔・希望・信頼と絆・自立」を理念に掲げ、子ども達の未来が輝くように『人・地域・未来』をつくる活動を行っております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

石垣島のとても美味しいフルーツを子ども達のために本当にありがとうございました。
そのままフローズンアイスとしても美味しく、パフェのトッピングとしても彩よく、素敵なフルーツパフェを作ることが子ども達と共にできました。
子ども達も『美味しい!!』と大喜びしておりました。
素敵なご支援を本当にありがとうございました。

2023/06/06

「いずみワクワク食堂」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

仙台市の「いずみワクワク食堂」に20名分の食品を送りました。
いずみワクワク食堂では、孤食の解消と希薄化した地域コミュニティの再生を目的に、地域住民の居場所つくりの活動をされています。
食堂は、偶数月の第二日曜日のお昼に開催されているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

過日、確かに別添の通りフルーツ受け取りました。
ありがとうこざいました。
石垣島の美味しいフルーツを送っていただき感謝しています。
受け取ったご家庭も果物などは中々買うこともなく、ありがたく頂戴したいと思います。

本当にありがとうございました。
感謝です。

2023/05/30

「こども食堂MAGOKORO」に80名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県浜松市の「こども食堂MAGOKORO」に80名分の食品を提供しました。
こども食堂MAGOKOROは、毎月第3土曜日に開催されています。
「コロナ禍で社会も人の心も先行き不安定になっているなかで、ママさん、パパさんお子さんたちがほっこり『やさしい心』になってもらいたい」
という想いから、こども食堂をはじめられたとのことです。
「子育てがしやすい社会」「貧困のない社会」「困ったときに助け合える社会」を目指し、活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

お世話になります。
この度はこども食堂MAGOKOROに美味しいデザートを提供いただきありがとうございました。

物価高騰や様々な理由でたくさんの子育て家族の方が子ども食堂をご利用いただいております。
子供達が笑顔で食べる姿を見るのが、私たち子ども食堂を運営するスタッフのやりがいにつながっています。

食材の提供のおかげで子供たちの笑顔も増え、今日まで続けてこれたことに喜びを感じてます。
本当にありがとうございました。

2023/05/23

「ぽかぽか食堂」に43名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

徳島県の「ぽかぽか食堂」に43名分の食品を提供しました。
ぽかぽか食堂は徳島大学生が運営する子ども食堂です。

1.家でも学校でもない、子供たちが安心してこられる第3の居場所
2.異世代間の交流の場の創出
3.食で笑顔もお腹もいっぱいに

という、3つのテーマを掲げ、「子供たちの力になりたい!」「少しでも子育て家庭の力になれれば!」という気持ちで集まった学生たちで活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

第20回目の節目の開催会にていただいたフローズンフルーツをデザートとして提供しました!
子どもたちは「冷た~い」と言いながらも、美味しそうに食べていました。
もう一個欲しい!という声が多く聞かれ、大人気でした!
運営に余裕がなく、いつもデザートを出せていなかったので、とても助かりました!
本当にありがとうございました!

2023/05/16

「Kitchen夢小屋」に20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

「Kitchen夢小屋」に20名分の食品を送付しました。
Kitchen夢小屋は2021年4月から月に3回開催され、参加者は延べ2,000人を超えられました。
地域の子どもやお年寄りも含め、皆で楽しんでもらえる居場所を目指し、精力的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

「マンゴーって何?」「パイナップルおいしそう~。」
子どもたちにとって凍ったフルーツは、初めての経験で、わいわい言いながらいただきました。
ちょうど暑かったのでとっても気持ちよく、残ったジュースも「美味しい」とすべていただいていました。
今回も、野菜チャレンジのご褒美に使わせていただきました。
ありがとうございました。

2023/05/09

「めぐみこども食堂」へ20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

宮城県柴田町の「めぐみこども食堂」に20名分の食品を送付しました。
めぐみこども食堂は、孤立して孤独な生活をしている地域の子どもに対し、こども食堂を通じ、定期的に集まり昼食を共にする支援を目的としています。
アットホームな雰囲気の中で食事をし、その時間を楽しみながら過ごせるような居場所づくりを目指し活動されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

5月に冷凍のフルーツを送っていただいて、ありがとうございます。
5月のメニューはポークカレーでしたが、サラダの盛り合わせも出しました。

サラダにマンゴ、パインアップルなどの果物を加えて美味しく頂きました。
子供たちが喜んで美味しい~と言われました。

ありがとうございます。

2023/05/02

「こころふくよか食堂」へ20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市の「こころふくよか食堂」に20名分の食品を送付しました。
「こころふくよか」は早良区西新を拠点に社会的に孤立した方々の「こころとからだ」の居場所活動に取り組み、8年目を迎えられました。
こころふくよか食堂は月2回開催し、コロナ禍では会食をお弁当配布に切替実施されてきました。
切り替え後は利用者が増え、今では毎回60食ほどのお弁当を作られているとのことです。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

たくさんの種類のお菓子の詰め合わせありがとうございました。
4月23日の「こころふくよか食堂」で子どもたちに配布しました。
おのおのの家庭に袋詰めし、小さな単品のお菓子は子どもたちに好きなものを選んでもらいました。
自分で選べる機会はあまりなく、どの子も楽しそうに選んでいました。ありがとうございました。

居場所活動を始めて8年目になります。
月2回の「こころふくよか食堂」ではコロナ禍は会食をお弁当配布に切り替えて実施してきました。
お弁当に切り替えて利用者が増え、今では毎回60食ほどのお弁当を作っています。ほとんどがひとり家庭です。
今は会食と両方選べますが、お弁当の方が多いです。

2023/04/25

「こどもライオンズ食堂かずさや」へ20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

千葉県木更津市の「こどもライオンズ食堂かずさや」に20名分の食品を提供しました。
学童保育内で実施されていますが、どなたでも大歓迎とのことです。
学童のみなさんも運営に協力されているそうで、活気と笑顔溢れる食堂が目に浮かびます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こどもライオンズ食堂かずさやでは、学童保育クラブ「ソフィアキッズクラブ」と連携しています。
当該学童保育は、条件にもよるが、基本的に利用料をとらず、運営しています。

こどもライオンズ食堂かずさやでは、夏休みなど、当該学童保育に昼食を提供しています。
また、地域、民生委員と協力して、より必要な家庭に対し、他社寄付とあわせて、いただいたお菓子を配布し、最後、こども食堂にて配布させていただきました。

子どもたちはお菓子をあまり購入しない家庭もあり、非常によろこんでいました。

2023/04/11

「子どもの居場所 かけはし」へ33名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県沼津市の「子どもの居場所 かけはし」に33名分の食品を提供しました。
頂戴したお写真から、子ども達の元気な姿、提供したお菓子を手に取り喜んでいる姿を拝見し、大変嬉しく思います。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度はお菓子の提供ありがとうございました。
子どもたちが好きなお菓子だったようで皆喜んでいました。
春休みが近くなり参加者も増えている状況でお菓子の提供がとても有り難いです。

お菓子も食べ、元気に体を動かし遊んでいました。ありがとうございました。

2023/04/04

「ふくしまキッズエコ食堂」へ20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

NPO法人東日本次世代教育支援協会が開催する「ふくしまキッズエコ食堂」に、20名分の食品を提供しました。

「バランスのとれた食事をみんなでおなか一杯食べるという、当たり前の経験を多くすることで、
『美味しいこと』は『楽しいこと』『嬉しいこと』を気付けさせる」

ふくしまキッズエコ食堂では、核家族化やひとり親世帯などでひとりぼっちで「孤食」する子どもたちが、
「美味しい」「楽しい」「嬉しい」と気づけさせる活動を行っております。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2月25日(土)11時~15時 開催のこども食堂の内容は、
一般社団法人 本宮烏骨鶏共同組合様ご提供の”烏骨鶏卵”を使用し
子供達で作る”たこ焼き体験会”を行いました。
子供達の孤食防止活動も含め多世代の人と交流し、子供たちが作った物で
大人たちが喜ぶ姿をみて会食の楽しさを実感出来たと思います。

2023/03/28

「こども食堂TOCCA」へ80名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

富山市のこども食堂TOCCAに80名分の食品を提供しました。
こども食堂TOCCAは毎月1回開催されているそうです。
お写真から、皆で火を囲んで焼マシュマロをされ、とても楽しそうですね。
この日はピザや焼き芋、さらにはビンゴ大会もされたそうです。
こども達の楽しそうな笑顔が目に浮かびます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

2月3月にお菓子を配布いたしました。2月はビンゴ大会の景品として子どもたちに配布し、とても盛り上がりました。
3月には、赤ちゃんを連れたママ達向けにこども食堂を開催し、 子育ての合間の癒しとしてお菓子を配布し、喜んでもらえました。
甘いものは大人も子どもも嬉しく、笑顔あふれるこども食堂となりました。
ありがとうございました。

2023/03/21

「笠井めぐみ食堂」へ70名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県浜松市にある「笠井めぐみ食堂」に70名分の食品を提供しました。
笠井めぐみ食堂は毎月第三金曜日に開催されています。
「子どもたちがほっと安心できる居場所、心もお腹も満たされるような場所を提供するために、出来ることから始めよう」という想いから2021年10月より始められました。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

先週、子ども食堂が開催され、その中で頂いたお菓子を配布させていただきました。
本当にありがとうございました。
ポイフルは特に子どもたちには大人気で、みなさんとても喜んで受け取ってくれました。
(大人の方もうれしそうに受け取っていました。)

2023/03/14

「キッチンシェアハート」へ50名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

長崎県長崎市の「キッチンシェアハート」に50名分の食品を提供しました。
キッチンシェアハートでは、毎週土曜日と長期休暇中の火・木・土曜日に、無料のランチを提供しています。
家庭的な雰囲気の中でみんなで一緒に食事を楽しみながら、食べ物や料理について学んだり、食事のマナーを身につけられるように関わっています。
また、御家庭の状況に合わせてフードパントリー(食品の無料配布)も行っています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ポイフルを子どもたちに配布しました。
グミ系のお菓子はなかなか家庭では購入してもらう余裕がないようではじめて食べる子どもが大半でした。
まず多くの子どもが言っていたのは
「見た目がきれいでかわいい!」。
小さい幼児さんから中学生まで大喜びでした。
「うちで皆で食べる!」と大事そうに持って帰りました。
本当にありがとうございました。

2023/03/14

「NPO法人 W.Coまつぼっくり」へ20名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県藤枝市にある「NPO法人 W.Coまつぼっくり」に20名分の食品を提供しました。
急速に変化している現代社会において、子どもを取り巻く環境は、地域コミュニティの喪失や核家族化が進んだことなどによる家族の機能の低下などにより複雑化しています。
NPO法人 W.Coまつぼっくりは、地域に暮らすさまざまな状況の子どもに寄り添い支援し、子どもが健全に成長できる地域環境づくりに寄与することを目的として活動しています。
子ども食堂は毎月開催されています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

この度は、ご支援有難うございました。
2月11日、12日
こども食堂のお遊び広場で、子ども達に好きなお菓子を選んでもらい配布しました。
中には、選ぶのに時間がかかってしまう子がいたりして、お菓子を前に大喜びでした。
子ども達にとってお菓子は心の栄養です。
有難うございました。

2023/03/07

「NPO法人Happyリレーいろいろ」へ40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県水戸市にある「NPO法人Happyリレーいろいろ」に40名分の食品を提供しました。
NPO法人Happyリレーいろいろでは、こども食堂をはじめカルチャースクールやレンタルスペースなど地域に密着した活動を行っております。
数多くのボランティア活動を通し、地域社会の発展を目指されてます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

・公園で行っている子ども食堂でお菓子を配らせていただき、またフリースクールでのおやつとして、配らせていただきました。
子どもたちの笑顔で活動のエネルギーが湧きました。今回の支援に心から感謝いたします。

・お菓子を手にした子どもたちは、マスク越しながら、嬉しそうに、とても喜んでいました。
ありがとうございました。
・自分で好きなお菓子を選べて、すごくうれしかったです。おいしかったです。

2023/03/07

「つくば子ども支援ネット」へ100名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

茨城県つくば市の「つくば子ども支援ネット」に100名分の食品を提供しました。
つくば子ども支援ネットでは、つくば市内の子ども食堂、無料塾、子どもの居場所各種と、支援を必要とする家庭の子ども、支援したい人とを結ぶ「子ども支援」のハブとなり、よりきめ細やかでスピーディーな支援へ繋げる取り組みをされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

お贈りいただいたお菓子は、2023年2月11日、つくば市内でのフードパントリーで子どもたちに1個ずつプレゼントしました。
ひとり親世帯等心細い生活を送る子ども・親子が対象で、続くコロナ禍も物価高も大きく影響しているため、親子共にとても喜んでいました。
ずっと手に握りしめている子どもも、すぐに開けて食べる子どももいました。
ご寄贈ありがとうございました。

2023/02/28

「森の子ども食堂」へ40名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

静岡県三島市の「森の子ども食堂」に40名分の食品を提供しました。
当子ども食堂を運営する「NPO法人森のようちえん太陽と緑の風クラブ」では、外遊びを基として情操教育を実施する活動をされています。
野外ならではのワイルドな献立(竹を使った食器や調理など)や、普段では経験できない直火を使っての調理など楽しく体験しています。
子ども達は自己責任感・自己肯定感を養いながら食の大切さを学んでいきます。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

大変お世話になっております。
子ども食堂31名参加の際に配布しました。多少余りがあったので兄弟のいる子に持たせました。
日頃食事の提供のみでお菓子の配布はしていません。(予算がまわらないので)
子どもたちはとても喜んでいました。
自分では食べず持ち帰ってお家の人と食べる!!なんて子もいました。
みんなで食べるといつもより美味しいなんて言う子もいました。
ご支援に感謝です。
ありがとうございました。

2023/02/28

「かしいはま子どもの家 ぽてとはうす」へ75名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

福岡市にある「かしいはま子どもの家 ぽてとはうす」に75名分の食品を提供しました。
「食のある居場所づくりで子どもの未来を応援する」というコンセプトのもと、食堂だけでなく、学習支援や各種行事を開催するなど、精力的に活動をされています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

ご提供頂いたポイフルが並んでいるのを見て子どもたちが「わぁ!ポイフルだ!ポイフルだ♪」と喜んでいました。
笑顔で受け取る様子にスタッフも嬉しくなりました。
ありがとうございました!

2023/02/28

「子ども食堂Mahalo」へ130名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

岐阜県岐阜市のNPO法人キッズベースが運営する「子ども食堂Mahalo」へ、130人分のお菓子などをお送りしました。
こちらは「毎日笑って暮らせる子ども達が一人でも増えたら良いな!」をモットーに子ども食堂のほか、学習支援やフリースクールも運営しています。

ご担当者の方から頂いたコメント  
icon

こういった定番でなじみのあるスナックにアニメキャラがプリントしてあると子どもたちのテンションが上がります。
子ども食堂や学習支援に来ている子どもたちのすべてが生活困窮という訳ではありませんが・・・
困窮家庭のおかあさんはスーパーにいくとキャラクター付きとキャラクターがついていないのでは値段が違うものが多く、子どもは欲しがるけど、、どうしてもキャラクター付きの商品は敷居が高く感じるとの意見をよく聞きます。
そんな思いもあり今回のワンピースは送られてきた箱を開けて子どもたちの前に僕ら関係者が盛り上がりました。

これからもよろしくお願いいたします。

2023/02/28

「たからづか子ども食堂」へ60名分の食品をお届けしました。

開く 閉じる

兵庫県宝塚市にある「たからづか子ども食堂」に60名分の食品を提供しました。
2016年10月から毎月2回、宝塚市総合福祉センターにて市内の子どもと保護者を対象にした子ども食堂を開催しています。
家庭の事情で孤食の子どもたちに手作りの食事と居場所を提供しています。
誰もが豊かで充実した生活と安全で安心して暮らせるまちづくりに寄与することを目的に活動されています。 <